映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「DEVILMAN」村瀬歩、内山昂輝の“かわいい成分”感じ取るも「しんどそう!」

650

本日1月19日、Netflixオリジナルアニメ「DEVILMAN crybaby」の全世界配信記念トークイベントが東京・新宿バルト9にて開催され、不動明役の内山昂輝、飛鳥了役の村瀬歩、牧村美樹役の潘めぐみが出席した。

本作は、永井豪によるマンガ「デビルマン」を原作に、不動明と飛鳥了の出会いからデビルマン誕生、そしてデビルマンとサタンの戦いまでを描いたもの。湯浅政明が監督を務めた。

ネタバレありのトークが展開された本イベント。内山は、デビルマンとなったあとの明を“怪物のよう”と表現し、第1話冒頭の明については「天真爛漫でいつも笑顔。声のトーンも高くて」と言及する。それを受けて、村瀬は「本当にしんどそうだった!」と暴露して内山を慌てさせ、「海から来た人魚でーす!というセリフは、結構家でまねしてた(笑)。あのシーンから、ちゃんと内山昂輝のかわいい成分を感じ取りました」と笑顔を見せる。

続いて村瀬は「了の、何かすごい力に動かされているような感じを大事にしていました。10話では、それまで抑圧されていたものを(芝居で)乗せることができたなと思います」と、キャラクターへの思いを述べる。潘は、美樹がたどる運命に関する話題になると「つらいな、悲しいなという気持ちもあったけど、明が了に立ち向かっていくきっかけになれたから、美樹ちゃんが生まれてきた役割がすべて果たせた気がしました」「了にもバトンをつなげたような気がするんです。渡せたような、渡せなかったような……」と胸中を明かした。

全10話が一挙配信された本作。村瀬が「テレビシリーズと違って、反響が一切わからない状態でやっていたんです」とアフレコ時を振り返ると、潘は「我々、収録のときは薄着だったもんね!」とうなずく。内山は「振り切った表現の作品に参加できるのはうれしかった。最高だぜ!という感じで」と本作に参加した喜びを語った。

終盤には、キャストたちがファンからの質問に答える企画が行われた。「自分以外で演じてみたいキャラは?」という問いに、内山は「ないですね」と即答し、村瀬はタロちゃん、ターコ、長崎を挙げて「長崎役の津田(健次郎)さんのあの感じ、最高だったじゃん!!」とにっこり。潘は「チャレンジしてみたいのはラップ! 本音を言えるという意味だと、ラップはすごく素敵だなと思います」と声を弾ませた。

「DEVILMAN crybaby」全10話はNetflixにて配信中。なお、5月30日には本作のBlu-ray BOXが発売される。

(c)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

映画ナタリーをフォロー