映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

マーク・ウェブがカラム・ターナーを「完璧」と称賛、最新作の邦題と公開日決定

43

「さよなら、僕のマンハッタン」

「さよなら、僕のマンハッタン」

マーク・ウェブの最新作「The Only Living Boy in New York」の邦題が「さよなら、僕のマンハッタン」に決定し、4月14日に封切られることが明らかになった。

米ニューヨークを舞台とする本作は、大学卒業を機に親元を離れた青年トーマスを主人公にしたラブストーリー。ある日トーマスが、偶然父とその愛人の密会を目撃したことで、思わぬ方向へと事態が展開していく。

トーマス役のカラム・ターナーの起用理由についてウェブは「大人と少年のはざまにいる俳優を探す必要があった。カラムはこの役柄をとてもよく理解していたし、大人と少年の両面の存在感を持っていて完璧だと思ったんだ」とコメントしている。

「さよなら、僕のマンハッタン」は、東京・丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほかにて全国順次公開。ターナーのほかケイト・ベッキンセイルピアース・ブロスナンシンシア・ニクソンジェフ・ブリッジスカーシー・クレモンズらが出演する。

(c)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

映画ナタリーをフォロー