L・ディカプリオがタランティーノと再タッグ、マンソン事件が背景の新作に出演

170

クエンティン・タランティーノの新作にレオナルド・ディカプリオが出演するとDeadlineなどが報じた。2人がタッグを組むのは「ジャンゴ 繋がれざる者」以来となる。

2016年3月に来日したレオナルド・ディカプリオ。

2016年3月に来日したレオナルド・ディカプリオ。

大きなサイズで見る

新作の舞台は、チャールズ・マンソン率いるカルト集団マンソン・ファミリーによって女優のシャロン・テイトが殺害された1969年の米ロサンゼルス。ヒットシリーズを持つテレビ俳優と彼のスタントマンの物語が軸となり、タランティーノの過去作「パルプ・フィクション」のような構造の作品になるという。現在43歳のディカプリオだが、本作では年老いた俳優を演じる。

同作はテイトが殺害されてから50年を迎える2019年8月9日にアメリカで公開予定。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

全文を表示

関連記事

レオナルド・ディカプリオのほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 レオナルド・ディカプリオ / クエンティン・タランティーノ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。