映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

タランティーノ新作、マーゴット・ロビーがシャロン・テイト役で出演

96

クエンティン・タランティーノが監督を務める「Once Upon A Time in Hollywood(原題)」に、マーゴット・ロビーが出演するとIndiewireなどが報じた。

本作の舞台は、チャールズ・マンソン率いるカルト集団マンソン・ファミリーによって女優のシャロン・テイトが殺害された1969年の米ロサンゼルス。レオナルド・ディカプリオがテレビ西部劇スターのリック・ダルトン、ブラッド・ピットがダルトンのスタントダブルであるクリフ・ブースを演じる。ロビーはロマン・ポランスキーの妻で、妊娠中に殺害されるシャロン役にキャスティングされた。

また、チャールズ・マンソンに土地を貸すジョージ・スパーン役でバート・レイノルズに、役柄はまだ明かされていないがティム・ロスマイケル・マドセンカート・ラッセルにも出演交渉中だと報じられている。

「Once Upon A Time in Hollywood」は2019年8月9日にアメリカで公開予定。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

映画ナタリーをフォロー