映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

スター・ウォーズ週末動員4連覇!キングスマン続編が初登場2位に

79

1月6日から7日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が4週連続1位に輝いた。

ライアン・ジョンソンが監督を務めた本作は、2015年公開作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の続編。なおJ.J.エイブラムスがメガホンを取るエピソード9は、2019年12月に米国で封切られる。

初登場は3作。2015年に日本公開された「キングスマン」の続編「キングスマン:ゴールデン・サークル」が2位に。前作に引き続きマシュー・ヴォーンが監督を務め、タロン・エガートン、コリン・ファースがキャストに名を連ねた。また京都アニメーション制作の劇場アニメ「映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-」が6位にランクイン。「百円の恋」の武正晴がメガホンを取り、中井貴一と佐々木蔵之介がダブル主演を務めた「嘘八百」が8位に付けた。

2018年1月6日~7日の全国映画動員ランキングトップ10

1.(1→ / 4週目)「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」
2.(NEW)「キングスマン:ゴールデン・サークル」
3.(4↑ / 5週目)「DESTINY 鎌倉ものがたり
4.(3↓ / 4週目)「8年越しの花嫁 奇跡の実話
5.(2↓ / 4週目)「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活
6.(NEW)「映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-」
7.(6↓ / 5週目)「オリエント急行殺人事件
8.(NEW)「嘘八百」
9.(7↓ / 3週目)「未成年だけどコドモじゃない
10.(5↓ / 5週目)「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー

※()内は先週の順位と公開週数
※興行通信社調べ

映画ナタリーをフォロー