映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「映画 中二病でも恋がしたい!」福山潤らが勇太と六花の結婚式を妄想

214

「映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-」初日舞台挨拶の様子。

「映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-」初日舞台挨拶の様子。

劇場アニメ「映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-」の初日舞台挨拶が、本日1月6日に東京・新宿ピカデリーにて開催され、福山潤内田真礼赤崎千夏浅倉杏美上坂すみれ、監督の石原立也が登壇した。

京都アニメーションが制作した本作は、アニメ「中二病でも恋がしたい!」「小鳥遊六花・改~劇場版 中二病でも恋がしたい!~」「中二病でも恋がしたい!戀」に続く物語となる完全新作。まずは小鳥遊六花役の内田、丹生谷森夏役の赤崎、五月七日くみん役の浅倉、凸守早苗役の上坂がステージに登場し、“新宿っぽい中二病ポーズ”をそれぞれ披露して場を沸かす。そして「4人そろって!Black Raison d'etreです!」とユニット名を叫ぶと、観客から大歓声が起こった。

続いて石原と富樫勇太役の福山が駆け足でステージに。福山は「闇の炎に抱かれて消えろっ!でおなじみのダークフレイムマスター・福山潤役のゲルゾニアンサスです」と挨拶し、再び会場を温めた。

上坂は本作について「『中二病』の面々が微妙に成長しつつも、自分の意思で道を選んでいる感じに、胸がいっぱいになります」とコメント。浅倉はテレビシリーズが終了してからのことを「『またいつか会える!』っていう思いがあったんです。だから劇場版のお話を聞いたときは『また会える』というのと『これで最後だったら寂しいなあ』という気持ちがあった」と振り返る。赤崎は「その後どうなったんだろうというのは気になっていたので、劇場版で勇太と六花、ほかのみんながそれぞれどんなふうに成長したのかが描かれていて率直にうれしかったです」と笑顔を見せ、内田は「収録中も、去年あったイベントも、特番のときもみんなでちょっとずつ、もう少しで『中二病』の新作が出るんだぞっていう気持ちを高めていたんです」と振り返った。

昨夜完全版を鑑賞したという福山は「皆さんはここで一緒に観たということで、うらやましい! 僕は1人で観て悶々として(笑)。2人の出会いからずっと演じていたので、いろんな思いが出てきましたね。いつか彼らと離れるときは来るんだろうなって思いながら演じていたので、こういう完全新作という形で、彼らの1つの区切りを皆さんにお届けできたのは幸せなことです」と心境を明かす。「区切りということでさみしいなという思いもあるんですが……それ以上に私は……」としんみりとしながら一転、「イチャこらこきやがって! この映画、新年一発目だぜ!」とキリリとした表情で観客を笑わせた。

石原は「個人的な感想で言うと、非常にやりやすい作品。キャラクターたちが中二病的なところがね。僕自身がこちら側の人間なので愛着があるんです。吹奏楽部でがんばってる女の子たちも好きなんですけど……」と同じくメガホンを取った「響け!ユーフォニアム」シリーズに言及し、登壇陣から「これ以上は言わないで……!」とストップをかけられる。勇太と六花の物語は本作で完結するのか聞かれると、「たぶん、今後もいろいろあるんじゃないですか?」と回答。福山は「どうあっても彼らの物語は楽しくほほえましいものになるだろうな。いつでも私は準備していますので」と、内田は「子供の妄想をするシーンがあったので、将来を観てみたい」と期待を込める。福山が「もしあいつらが結婚式やったら、どうなるのかな?」と発言したことから、キャストらは「ドラゴンが出てくるとか」「何かが降臨すると思う」などと妄想トークに花を咲かせた。

最後に福山は、本作に関して「少年少女たちのいちゃいちゃではあるんですが決していやらしくない、尊ささえ感じる……高潔さ……!みたいな!……何言ってんだ俺は」とセルフツッコミをしつつ、「現在中二病を患ってる方も、始まった当初患っていたけど二十歳を迎えて大人になった方も、私みたいなおっさんも、いろいろな方が、人を思うって素敵だなと感じられる作品になったのではないか」と語り、イベントを締めくくった。

※「Black Raison d'etre」のアポストロフィーのあとの「e」は、サーカムフレックス付きが正式表記

(c)虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

映画ナタリーをフォロー