ビデオパス PR

「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL」特集 「仮面ライダーオーズ / OOO」渡部秀×三浦涼介インタビュー|お前を選んだのは間違いじゃなかった

「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」が、12月9日に公開される。本作は、2人の仮面ライダーが共闘を果たす劇場版「平成ジェネレーションズ」シリーズの最終章。仮面ライダービルドと仮面ライダーエグゼイドが、仮面ライダーオーズ、仮面ライダーフォーゼ、仮面ライダー鎧武、仮面ライダーゴーストといったレジェンドライダーたちとともに新たな脅威に立ち向かう。

映画ナタリーでは本作の公開を記念し、3回にわたる連載企画を展開。第1弾はレジェンドライダーキャストより、「仮面ライダーオーズ / OOO」の仮面ライダーオーズ / 火野映司役・渡部秀とアンク役・三浦涼介の対談をお届けする。ファン悲願のコンビそろっての復活についてや、「もともと嫌いだった」というテレビシリーズ放送当時の思い出に関して話を聞いた。最終ページでは、「まだまだ語り足りない!」と言っていた取材後の2人に、お互いへの“面と向かっては言えない素直な気持ち”をテーマにメッセージを交換してもらった。

取材・文 / 浅見みなほ 撮影 / 佐藤類

渡部秀・三浦涼介のサイン入りチェキが当たるキャンペーンをビデオパスで実施中!
仮面ライダーオーズ / 火野映司役 渡部秀 アンク役 三浦涼介

りょんくんがいないとオーズじゃない(渡部)

──まずはお二人そろっての復活、おめでとうございます!

渡部秀三浦涼介 ありがとうございます!

──昨日は渡部さんの26歳の誕生日だったということで、先ほどケーキでお祝いされていましたね(この取材は10月27日、ストリーミング配信のラジオ番組JFN PARK「渡部秀“レジェンドの、向こうへ”」収録後に行われた)。

渡部 はい。祝っていただいてありがたいです。

三浦 だから昨日は、あえて連絡しなかったんです。

渡部 そうだったんだね! りょんくん(三浦)からお祝いのメール来ないなって思ってたんです(笑)。

──お二人でのラジオ収録もかなり盛り上がっていたようですね! 話す内容が残っていればいいのですが(笑)。

渡部 全然ですよ!

三浦 まだ話し足りない!

──何よりです。ではまずこの「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」で、渡部さん演じる仮面ライダーオーズ / 火野映司と、三浦さん扮するアンクが復活するに至った経緯を伺えればと思います。レジェンドライダーキャストの復活は、各プロデューサーからのオファーで実現したのでしょうか?

渡部秀

渡部 もちろん僕やほかの方々はプロデューサーさんからお話が来てると思うんですけど、りょんくんに対しては僕から直接お願いしました。先日、共通の知人の結婚式用のビデオを撮るために、僕とりょんくんと高橋(一浩)プロデューサーが焼肉屋に集まったんです。そのときにオーズ復活の話をいただいたので、「りょんくんも出ちゃいなよ」って言って。その場ではまだ本格的な話ではなかったんですが、その晩にりょんくんに本気でメールしました。

──やはりお一人で出演するよりは2人一緒に、という思いが強かったのでしょうか。

渡部 単純な話、りょんくんがいないとオーズじゃないので。それだけですね。僕1人で映画に出ることはもちろん可能なんですけど、ファンの方はやっぱり2人で並ぶ姿を一番楽しみにしてくださっていると思うんです。僕もそれに応えたかった。映司の横にはいつもアンクがいたので、自然な流れでした。考えることもなく、当たり前のように僕からお誘いしました。

三浦 そういう思いでいてくれたのは、純粋にすごくうれしかったですね。このご時世ですから、自分たちがやりたいと思ってもそううまく進んでいくものばかりではないと思いますし。メールをもらってからも、まあ期待はしつつ、半分は「いつかはできればいいな」っていう思いでもあって。ただそれからはわりと速いスピードで話が進んで、制作側から正式にオファーもいただきました。

すべてがいいタイミングで重なった(三浦)

──本編の放送から7年経った今だからこそ、復活することを受け入れられた部分もあったのでしょうか? 例えばもっと早くに復活の話が出ていたら、このような結果にはならなかったのでは?

三浦涼介

三浦 その可能性はもちろんあったと思います。今じゃなかったら秀くんが僕に対して「もう1回やろうよ」って思ってくれなかったかもしれないし、ファンの方にも「まだ早いんじゃない」って思われたかもしれないし。今だからこそできた。すべてがいいタイミングで重なったんじゃないかなと思います。

渡部 うんうん。

──先ほど焼肉屋へ行ったとお話されていましたが、この7年の間にプライベートではどのくらい交流があったのでしょうか?

三浦 片手で数えられるくらいの回数だよね。

渡部 焼肉に行った1年前くらいに、新大久保でみんなでご飯食べたね。その前もなんかでちょろっと会って……。年に1回会うか会わないかくらい。その頻度でほぼ定期的に会うのはりょんくんと、2号ライダーの岩永(洋昭)くらい。やっぱり1年間駆け抜けた本編が終わったあとの、独特な雰囲気があります。仲はすごくいいんですけど、頻繁に会うっていうのもなんか違くて。

三浦 うーん。

渡部 あの作品を大事にしていたからこそ、そこに関してはいい意味でそっとしておきたい部分がそれぞれの中にあって。自分が役者として、パフォーマーとして、一歩ずつ階段を登っていくうえで、一度これはいい思い出として自分の中に眠らせておこう、という気持ち。頻繁に会うことはなくても、心の中ではあの1年間を乗り切った戦友としてお互いに思い合っている。まありょんくんとはつながりもずっとあったんですけど、ここまで「オーズ」にちゃんと向き合ったのはその焼肉屋さんでの話からだよね。

──「オーズ」が大人気だっただけに、そこにしばられたくないという役者としての思いがあったのですか?

渡部 なんだろう。次に行くために「オーズ」を忘れたい、というわけではないんです。この感覚って言葉にできない“粋”な部分だと思うんです。離れてるわけでもなく、すごく近いわけでもないけど、どこかでみんなとつながってる。それぞれの熱が上がったときに、またこうやって関係が生まれてくる、みたいな。

左から渡部秀、三浦涼介。

──言葉での説明を求めるのは野暮でしたね(笑)。

渡部 そうですね(笑)。わかりやすく言うと、野暮です!

三浦 そんなこと言ったらこのページ、なんて書いたらいいの(笑)。

渡部 まあそういう、言葉や会った回数では表現できないつながりを、みんな大事にしてるっていうことです!

「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」
2017年12月9日(土)より全国公開
「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」
ストーリー

すべてを超越する力を求め、人類消滅計画をもくろむ凶悪な科学者・最上魁星 / カイザーが現れた。立ち向かおうとする仮面ライダービルド / 桐生戦兎と仮面ライダーエグゼイド / 宝生永夢だったが、永夢は変身ができない。それは以前、ビルドのフルボトルに成分を吸収されたせいであった。そんな絶体絶命の危機にある2人を助けに現れたのは、あの男たち。無事人間としてよみがえった仮面ライダーゴースト / 天空寺タケル、“始まりの男”として神の力を手に入れた仮面ライダー鎧武 / 葛葉紘汰、母校・天ノ川学園高校の教師となった仮面ライダーフォーゼ / 如月弦太朗、アンクと再会を果たした仮面ライダーオーズ / 火野映司が帰ってきた。世界を救うため、ライダーたちが力をひとつにする。

スタッフ / キャスト

原作:石森章太郎
脚本:武藤将吾、高橋悠也
監督:上堀内佳寿也
音楽:川井憲次、ats-,清水武仁&渡辺徹、中川幸太郎
アクション監督:宮崎剛
特撮監督:佛田洋
出演:犬飼貴丈、飯島寛騎、渡部秀、福士蒼汰、佐野岳、西銘駿、赤楚衛二、高田夏帆、瀬戸利樹、松本享恭、岩永徹也、松田るか、小野塚勇人、黒崎レイナ、甲斐翔真、土屋シオン、柳喬之、滝裕可里、関智一(声)、三浦涼介、田中卓志(アンガールズ)、水上剣星、前川泰之、大槻ケンヂ

auビデオパスで「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」グッズが当たる!

初回登録30日間無料で映画・ドラマ・アニメも見放題
「仮面ライダーオーズ / OOO」も見放題配信中。

auビデオパスとは
「ビデオパス」は映画(洋画・邦画)やドラマ、アニメなどさまざまなジャンルの映像作品を視聴できる、auスマートフォン向けの動画配信サービス。最新のレンタル作品や月額562円(税抜)の見放題プランに加え、会員登録不要の無料作品もご用意。見放題プランは、毎月もらえる「ビデオコイン」を使って追加料金なしで毎月1本の最新作品を視聴でき、初回登録時には30日間無料でお試し視聴できる。
渡部秀(ワタナベシュウ)
1991年10月26日生まれ、秋田県出身。2008年に第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト準グランプリを受賞。2010年に特撮ドラマ「仮面ライダーオーズ / OOO」で初主演を果たす。主な出演作にNHK連続テレビ小説「純と愛」、映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」などがある。2017年には大東駿介とダブル主演を務めたSFアクション「BRAVE STORM ブレイブストーム」が公開された。現在はドラマ「科捜研の女 season17」に橋口呂太役でレギュラー出演中。また2018年には「おみおくり」が3月に、「シュウカツ2」が春に封切られる。
三浦涼介(ミウラリョウスケ)
1987年2月16日生まれ、東京都出身。2002年に映画「おぎゃあ。」でデビューし、2005年に特撮ドラマ「超星艦隊セイザーX」にケイン役でレギュラー出演する。2012年に「夏だよHONEY!!」で歌手デビューも果たした。主な出演映画は「PIECE~記憶の欠片~」「るろうに剣心 京都大火編」など。2017年には舞台「失なわれた藍の色」に主演し、舞台「グランギニョル」にも参加した。2018年1月には主演映画「星くず兄弟の新たな伝説」が公開されるほか、4月に舞台「1789―バスティーユの恋人たち―」が上演される。

衣装協力(三浦涼介) / wjk(wjk base 03-6418-6314)