映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

スター・ウォーズ週末動員5週連続1位、「マジンガーZ」「ネイビーシールズ」初登場

74

1月13日から14日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が5週連続で首位に輝いた。

ライアン・ジョンソンが監督を務め、2017年12月に公開された本作は、2015年の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の続編。なおJ.J.エイブラムスがメガホンを取るエピソード9は、2019年12月に米国で封切られる。

そのほか「キングスマン」の続編「キングスマン:ゴールデン・サークル」が、2週連続で2位をキープ。そして「マジンガーZ」テレビシリーズ最終回から10年後の世界を舞台にした「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」が初登場6位、リュック・ベッソンが製作と脚本を担当し、スティーヴン・クォーレがメガホンを取った「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」が初登場7位にランクインしている。

2018年1月13日~14日の全国映画動員ランキングトップ10

1.(1→ / 5週目)「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」
2.(2→ / 2週目)「キングスマン:ゴールデン・サークル」
3.(4↑ / 5週目)「8年越しの花嫁 奇跡の実話
4.(3↓ / 6週目)「DESTINY 鎌倉ものがたり
5.(5→ / 5週目)「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活
6.(NEW)「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」
7.(NEW)「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」
8.(9↑ / 4週目)「未成年だけどコドモじゃない
9.(6↓ / 2週目)「映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-
10.(7↓ / 6週目)「オリエント急行殺人事件

※()内は先週の順位と公開週数
※興行通信社調べ

映画ナタリーをフォロー