映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ベジタリアン少女の秘めたる本性とは…「RAW」予告編

194

「RAW~少女のめざめ~」

「RAW~少女のめざめ~」

2016年のカンヌ国際映画祭にて国際映画批評家連盟賞を受賞した「RAW~少女のめざめ~」の予告編が、YouTubeにて公開された。

フランスのジュリア・デュクルノーがメガホンを取った本作は、ベジタリアンの少女ジュスティーヌが自身の本性に目覚めていく物語。デュクルノーの短編「Junior」で女優デビューを果たしたギャランス・マリリエがジュスティーヌを演じた。

このたび公開された予告編の冒頭には、厳格なベジタリアンの一家で無垢に育ったジュスティーヌの姿が。しかし獣医学校の寮の新入生通過儀礼として、ウサギの生の腎臓を食べさせられたジュスティーヌは、身体的にも精神的にも変化を遂げていく。終盤には、ルームメイトのアドリアンに抱きしめられながらジュスティーヌが自身の腕を噛み、流血する様子も収められている。

なお本作に関して、さまざまな映画人が感想ツイートを投稿。「ベイビー・ドライバー」のエドガー・ライトは「素晴らしい! 胃が強くない人は注意だけど、それにしても、なんてすごい映画なんだ!」と、「シックス・センス」のM・ナイト・シャマランは「とてもパワフルで心をかき乱された。心底ギョッとしたよ」とツイートしている。

「RAW~少女のめざめ~」は2月2日より東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国でロードショー。

※「RAW~少女のめざめ~」はR15+指定作品

(c)2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.

映画ナタリーをフォロー