映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ベジタリアン少女がタブーの味を知る「RAW」公開日決定、ポスター到着

567

2016年のカンヌ国際映画祭にて国際映画批評家連盟賞を受賞した「RAW~少女のめざめ~」の公開日が2月2日に決定。あわせてポスタービジュアルが到着した。

本作は、ベジタリアンの少女ジュスティーヌが、獣医学校の寮でウサギの生の腎臓を食べさせられたことをきっかけに自身の本性に目覚めていく物語。フランス・パリ出身のジュリア・デュクルノーが監督を務め、デュクルノーの短編「Junior」で女優デビューを果たしたギャランス・マリリエがジュスティーヌを演じた。

ポスタービジュアルには、「知ってしまった味(タブー)──。」というキャッチコピーとともに鼻から血を流すジュスティーヌの姿が収められた。

「RAW~少女のめざめ~」は東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国でロードショー。

※「RAW~少女のめざめ~」はR15+指定作品

(c)2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.

映画ナタリーをフォロー