朝までホラー映画漬け!「RAW~少女のめざめ~」「霊的ボリシェヴィキ」など上映

149

「このふり幅がエグイ! 2018年上半期、とにかく見逃せないホラー映画」と銘打たれたオールナイト上映企画が、9月8日夜から翌朝にかけて東京・新文芸坐にて行われる。

「霊的ボリシェヴィキ」 (c)2017 THE FILM SCHOOL OF TOKYO

「霊的ボリシェヴィキ」 (c)2017 THE FILM SCHOOL OF TOKYO

大きなサイズで見る(全15件)

「RAW~少女のめざめ~」 (c)2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.

「RAW~少女のめざめ~」 (c)2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.[拡大]

「ザ・ヴォイド」 (c)The Void Movie Inc. 2016 all rights reserved

「ザ・ヴォイド」 (c)The Void Movie Inc. 2016 all rights reserved[拡大]

このイベントでは、ベジタリアンの少女が肉を食べたことから自身の本性に目覚めていく「RAW~少女のめざめ~」、「女優霊」「リング」の脚本家として知られる高橋洋が監督・シナリオを担当し、韓英恵が主演を務めた心霊エンタテインメント「霊的ボリシェヴィキ」、田舎町の病院を舞台に謎のカルト集団やクリーチャーに立ち向かう保安官を描いた「ザ・ヴォイド」、ニコラス・ケイジ演じる父親が狂暴化し我が子に襲いかかる「マッド・ダディ」がスクリーンにかけられる。

「マッド・ダディ」 (c)2017 Mom & Dad Productions, LLC

「マッド・ダディ」 (c)2017 Mom & Dad Productions, LLC[拡大]

前売り券は劇場窓口およびチケットぴあにて販売中だ。

このふり幅がエグイ! 2018年上半期、とにかく見逃せないホラー映画

2018年9月8日(土)東京都 新文芸坐
開場 22:15 / 開映 22:30 / 終映 翌5:10(予定)
<上映作品>
「RAW~少女のめざめ~」
「霊的ボリシェヴィキ」
「ザ・ヴォイド」
「マッド・ダディ」
料金:一般 2300円 / 前売り券、友の会 2100円
※18歳未満は入場不可

この記事の画像(全15件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

高橋洋のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 マッド・ダディ / ザ・ヴォイド / 霊的ボリシェヴィキ / 《このふり幅がエグイ! 2018年上半期、とにかく見逃せないホラー映画》 / RAW~少女のめざめ~ / 高橋洋 / 韓英恵 / ニコラス・ケイジ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。