映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

吉永小百合「北の桜守」会見で「ホッとしている」と俳優人生振り返る

137

「北の桜守」完成披露会見の様子。左から滝田洋二郎、篠原涼子、吉永小百合、堺雅人、岸部一徳。

「北の桜守」完成披露会見の様子。左から滝田洋二郎、篠原涼子、吉永小百合、堺雅人、岸部一徳。

北の桜守」の完成披露会見が本日1月4日、東京・東京国際フォーラムにて開催され、キャストの吉永小百合堺雅人篠原涼子岸部一徳、監督の滝田洋二郎が登壇した。

吉永にとって通算120本目の出演映画となる本作は、ソ連軍の侵攻により樺太を追われ、北海道・網走へとたどり着いた江蓮てつの人生を描く物語。吉永がてつを演じ、堺がてつの子供・修二郎を演じる。

最初にマイクを握った吉永は「スタッフもキャストも心を込めて、心をひとつにして作りました」と作品を紹介。続けて「59年前に初めて映画に出演して以来120本目の出演作となりました。よくここまでやってこれたとホッとしています」と述懐した。

堺は「北海道の稚内でロケをさせていただきました。撮影は吉永さんと一緒に心温まる旅行に行ったような思い出として残っています」、篠原は「吉永小百合さんと一緒にこのような舞台に立てるなんて夢にも思ってなかったです」とコメント。岸部は「尊敬する滝田監督、大好きな吉永小百合さんとの映画に参加できて充実の、そして幸せな撮影でした」、滝田は「やっと吉永さんと仕事ができると思うと同時に責任重大だなと思いました」と振り返る。

親子を演じた吉永と堺。そのことについて吉永は「息子だと意識せず、スッと自然に寄り添えた」と語り、堺は「僕はそばにいれるだけで幸せだった」と笑顔を見せる。

初共演となる吉永の印象を聞かれた堺は「どんなカット、どんなシーンでも全力でぶつかっていらっしゃいました。後輩から言うのはおかしいのかもしれませんが、そのひたむきな姿が印象深かったです。僕は一生懸命さが足りないなと反省しました」と思いを明かす。その言葉に吉永は「堺さんはプロフェッショナルでした。それに対して私はいつまでもアマチュアで、反省しなくてはいけないところがたくさんある」と返した。

「北の桜守」は、3月10日より全国ロードショー。映画ナタリーでは、このあとに行われる完成披露試写会の様子もレポートする。

映画ナタリーをフォロー