映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

吉永小百合主演「北の桜守」、北海道を舞台に禁断の記憶へと迫る予告公開

35

「北の桜守」

「北の桜守」

吉永小百合が主演を務める「北の桜守」の予告編がYouTubeにて公開された。

吉永にとって通算120本目の出演映画となる本作は、「北の零年」「北のカナリアたち」に続き北海道を舞台にした“北の3部作”最終章。ソ連軍の侵攻により樺太を追われ、北海道・網走へとたどり着いた江蓮てつの人生を描く。

予告編は、吉永扮するてつの「母さんのことは、今日限り忘れるの」というセリフで幕開け。堺雅人演じる次男・修二郎との場面を中心に、さまざまな人間模様が切り取られた。てつと修二郎は北海道を巡り、2人が抱える禁断の記憶へと迫っていく。

篠原涼子佐藤浩市阿部寛らがキャストに名を連ね、「おくりびと」の滝田洋二郎が監督を務めた「北の桜守」は、2018年3月10日より全国ロードショー。

(c)2018「北の桜守」製作委員会

映画ナタリーをフォロー