映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

長澤まさみ11年ぶり月9主演、脚本は古沢良太!詐欺師たちの痛快コメディ

385

ドラマ「コンフィデンスマンJP」より、左から東出昌大演じるボクちゃん、長澤まさみ演じるダー子、小日向文世演じるリチャード。

ドラマ「コンフィデンスマンJP」より、左から東出昌大演じるボクちゃん、長澤まさみ演じるダー子、小日向文世演じるリチャード。

フジテレビ“月9”枠で4月より放送される連続ドラマ「コンフィデンスマンJP」にて、長澤まさみが主演を務めることがわかった。東出昌大小日向文世が共演に名を連ね、脚本は「探偵はBARにいる」シリーズや「ミックス。」、ドラマ「リーガル・ハイ」シリーズなどの古沢良太が担当する。

本作は芸能界や金融業界など華やかな世界を舞台に、3人の信用詐欺師(コンフィデンスマン)が欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取るさまを1話完結で描く痛快コメディ。

長澤演じる詐欺集団のリーダー的存在・ダー子は天才的な知能と抜群の集中力を持ち、ハニートラップを仕掛けたがるも仲間に制止されてしまう役どころだ。劇中ではキャビンアテンダント、秘書、海外の大物女優など変幻自在のコスプレを披露するため、長澤は「方言をしゃべる女性であったり、オタクっぽい雰囲気の女性だったり、今までキャラクター的に特徴のある役を演じてみたいと思っていたので、その願いが一気にかなってしまいそうです(笑)」と期待を述べている。また2007年放送の「プロポーズ大作戦」以来11年ぶりの月9主演ということで、「今が女優として重要な時期にさしかかっていると感じていますので、“今を頑張らなくして、この先はない”という覚悟で挑みます」と気合十分のコメントを寄せた。

月9ドラマ初出演の東出は、小心者でお人よしのちょっと頼りない詐欺師“ボクちゃん”を演じる。役については「とにかく振り幅の大きいキャラクターで、常識的なようで、実は三人の中で一番ぶっ飛んでいるようにも思います(笑)」と説明し、「脚本の段階でこれだけ面白いので、後はもう頑張るしかない」とコメント。変装の腕は超一流で、どんな職業人にでもなりすますリチャード役の小日向は「まさみちゃんと東出くんと僕が、詐欺師として、とにかくたくさんの役を演じるところが、一番の見どころなので、是非楽しんでいただけたら」と呼びかけている。

(c)フジテレビ

映画ナタリーをフォロー