映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

美術手帖でTVドラマ特集、「HiGH&LOW」研究や古沢良太らのインタビュー掲載

295

美術手帖2018年2月号より。

美術手帖2018年2月号より。

本日1月17日発売の美術手帖2018年2月号にて、「テレビドラマをつくる」という特集が展開されている。

これは、“時代を反映するテレビドラマは、同時に時代を作り出す”という考え方から、ものづくりとしてのドラマ制作を取り上げたもの。ドラマの枠を超えて展開される総合エンタテイメントプロジェクト「HiGH&LOW」シリーズの在り方を8ページにわたり分析し、監督・久保茂昭とプロデューサー・植野浩之のインタビュー、脚本を手がけたTeam HI-AXの平沼紀久と渡辺啓の対談も収録される。さらに誌面には、多くの脚本家たちが登場。「岸辺のアルバム」「ふぞろいの林檎たち」の山田太一や、「黒い十人の女」などで脚本を手がけたバカリズムのインタビュー、「逃げるは恥だが役に立つ」の野木亜紀子と「リーガルハイ」や映画「ミックス。」の古沢良太の対談も読むことができる。

映画ナタリーをフォロー