映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

チャーチルがヒトラーに「独裁者め」、ゲイリー・オールドマン主演作の予告解禁

447

ゲイリー・オールドマンが政治家ウィンストン・チャーチルを演じた「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」の予告編が、YouTubeにて公開された。

本作は第2次世界大戦時、チャーチルが英国首相に就任してからダンケルクの戦いを迎えるまでの4週間を実話にもとづいて描く歴史ドラマ。特殊メイクを施しチャーチルに扮したオールドマンは、本作の演技で第75回ゴールデングローブ賞映画部門の主演男優賞(ドラマ部門)にノミネートされた。そのほかクリスティン・スコット・トーマスリリー・ジェームズベン・メンデルソーンらがキャストに名を連ねている。

予告編には、アドルフ・ヒトラーの写真を見たチャーチルが「独裁者め」と毒づく姿や、Vサインを見せる場面などを収録。また議会の中でチャーチルが「どんな犠牲を払っても我々は国を守るべきだ。決して降伏しない」とナチスドイツへの徹底抗戦を表明する場面も切り取られた。

「プライドと偏見」のジョー・ライトが監督を務め、「博士と彼女のセオリー」のアンソニー・マクカーテンが脚本を手がけた「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」は、3月より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

(c)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー