映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

健太郎と山田裕貴がカップル成立?「デメキン」キャストが特攻服姿で大集合

509

「デメキン」初日舞台挨拶の様子。

「デメキン」初日舞台挨拶の様子。

デメキン」の初日舞台挨拶が東京・シネマート新宿にて行われ、キャストの健太郎山田裕貴、原作小説を手がけたバッドボーイズ佐田正樹、監督の山口義高らが登壇した。

舞台挨拶には、山田らのほかキャストの柳俊太郎高橋里恩田中偉登三村和敬藤木修岩永ジョーイ神永圭佑成田瑛基笠松将も出席。主人公・正樹を演じた健太郎は「ここにいない子たちの気持ちも背負ってがんばっていきたい」と意気込み、初主演を飾った本作について「佐田さんの半生を演じるので、誰にも負けないくらい気合いを入れていきました」と語る。

正樹の親友・厚成役の山田は「佐田さんが生きた証を僕らが代わりに生きる。本当にあったことを(映画という形で)見せなきゃいけないという気合いはありました。僕は健太郎のいい奥さんになれたらなと」と話し、佐田から「いい奥さんでした!」と声をかけられてにっこり。さらに山田は健太郎のほうを見やり「好きだよってよく言ってくれてたもんね?」とつぶやき、健太郎は「みんな好きです!」と返した。

続いて、佐田が口にした怒号をキャストが復唱する“怒号練習”が、撮影時に行われていたという話題に。佐田は「見たいですか?」と観客を煽ったあと、ステージ中央に立って博多弁交じりの怒号を次々と披露し、キャストたちはそれを繰り返していく。後半には「俺と付き合っちゃらん?」などの言葉も含まれていたため俳優陣のファンから歓声が上がると、佐田は「よかったなみんな、俺に感謝せえよ!」とジョークを交えながらアピールする。

終盤には、山田が「本当にみんなとやれてよかったし、愛してるよ」と述べ、健太郎が「裕貴くんのことも愛してるよ」と応じる場面も見られた。山田が健太郎へ「俺と付き合っちゃらん?」と提案した際には、佐田がすかさず「カップル成立!」と盛り上げて笑いを誘う。

そして最後に健太郎は「熱い思いと愛が詰まった作品です。『デメキン』をもっともっと盛り上げていきたいなと思います!」と挨拶し、イベントを締めくくった。

※柳俊太郎の柳は木へんに夘が正式表記
※高橋里恩の高は、はしごたかが正式表記

(c)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ (c)2017 映画『デメキン』製作委員会

映画ナタリーをフォロー