お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

バッドボーイズ佐田が“怒号練習”再現、健太郎らに甘い言葉叫ばせる

222

映画「デメキン」初日舞台挨拶の様子。

映画「デメキン」初日舞台挨拶の様子。

映画「デメキン」の初日舞台挨拶が昨日12月2日に東京・シネマート新宿にて行われ、原作小説の著者・バッドボーイズ佐田が監督の山口義高やキャストの健太郎山田裕貴らと共に登壇した。

舞台挨拶にはキャストと揃いの特攻服姿で登場した佐田。「鼠先輩みたいな方がいる……」とパンチパーマの記者を見つけて「こういう方ばかりだと思っていたので(笑)、女性のお客さんも多くてうれしい」と初日を迎えた喜びを表す。

自身の役を演じた健太郎には、「映画を観に行ってくれてた同級生が、健太郎の声が俺の声に似てると言ってて。それくらいしゃべり方とか仕草とか、癖の部分をつかんでくれたので、すごく健太郎でよかったなと思う」と感謝。さらに劇中にも登場する初代総長から「観に行ってきたぜ。お前の役やってくれた奴、顔カッコよすぎじゃねえか? 俺の役も山田(裕貴)くんで撮り直してくれんか」と電話を受けたことを報告し、「イケメンでやってほしかったみたい(笑)」と地元の仲間たちからも続々と感想が届いていることをうれしそうに明かした。

撮影前に佐田が行っていたという、ケンカ口調の博多弁を叩き込む“怒号練習”が再現される場面も。「お前貴様どこ中だ!?」「なん見ようで貴様この!」といった乱暴な言葉を佐田の号令に合わせてキャストが復唱していくが、「今日はみんなありがとね!」「お前らのこと愛しとうけんね!」「俺と付き合っちゃらん?」とだんだん甘い言葉に。佐田は「うれしかろう? みんな」と来場者にサービスし、「言わしたの俺! みんながうれしいかなと思って言わしたった!」と得意げな表情。「ちょっと照れとったなお前ら!」と喜ぶ佐田に、「こっち見てたから絶対何か仕掛けてくると思った(笑)」と健太郎が返すなど、賑やかな掛け合いでイベントを最後まで盛り上げた。

(c)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ (c)2017 映画『デメキン』製作委員会

お笑いナタリーをフォロー