映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

スピルバーグ新作の予告編公開、トム・ハンクスがメリル・ストリープに訴えかける

52

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

スティーヴン・スピルバーグが監督を務める「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」の予告編がYouTubeにて公開された。

1971年、泥沼化するベトナム戦争を背景にアメリカ国防総省がひた隠しにする文書、“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をスクープした実在のジャーナリストたちの姿を描く本作。予告編はメリル・ストリープ演じるワシントン・ポストの発行人キャサリン・グラハムと、トム・ハンクス扮する同紙の編集主幹ベン・ブラッドリーがペンタゴン・ペーパーズについて密談する場面から始まる。その後、政府からの圧力が強くなる中、新聞社の存続と職業人としての倫理の間で揺れるグラハムの姿、ブラッドリーがグラハムに「この記事をあきらめれば、“自由の炎”が消える!」と力強く訴える様子などが映し出されていく。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」は、2018年3月より全国公開。「スポットライト 世紀のスクープ」で第88回アカデミー賞脚本賞を獲得したジョシュ・シンガーらが脚本を手がけた。

(c)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

映画ナタリーをフォロー