映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

アニメ「アニマニアックス」Huluでリブート、スピルバーグが製作総指揮

282

オリジナル版「アニマニアックス」(写真提供:Fox / Photofest / ゼータ イメージ)

オリジナル版「アニマニアックス」(写真提供:Fox / Photofest / ゼータ イメージ)

アニメ「アニマニアックス」が、Huluにてリブートされることが決定。スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めると、Indiewireなどが報じた。

アメリカにて1993年から1998年にかけて放送された「アニマニアックス」は、さまざまなシリーズからなるファミリー向けアニメ。オリジナルでもスピルバーグが製作総指揮を務め、日本でも放送された。メインとして登場するのはワーナー・ブラザースによって作られるも、はちゃめちゃすぎて手に負えないため給水塔に閉じ込められていた3人のキャラクター、ヤッコ、ワッコ、ドット。ロブ・ポールセンジェス・ハーネルトレス・マクネイルらが声優を務めた。

2シーズン構成で2020年に配信予定のリブート版は、Huluにとって初のファミリー向けオリジナルアニメ。ワーナー・ブラザース・アニメーションとアンブリン・テレビジョンが制作し、両社よりサム・レジスター、ジャスティン・ファルヴェイ、ダリル・フランクも製作総指揮として参加する。オリジナルキャストが参加するかどうかは発表されていない。

またこれに合わせ、Huluにてオリジナル版「アニマニアックス」の全99エピソードが独占配信されると決定。スピンオフの「ピンキー&ブレイン」、日本未放送の「Pinky, Elmyra and The Brain(原題)」、先がけとなったシリーズ「タイニー・トゥーンズ」も配信される。

スピルバーグは「『アニマニアックス』がHuluで配信されることがとてもうれしいです。ワーナー・ブラザースとともに、新しい視聴者と古くからのファンを、ヤッコ、ワッコ、ドットのワイルドな世界に連れて行きます。また(オリジナルの)『アニマニアックス』と『タイニー・トゥーンズ』のエピソードが観られるようになるのも楽しみです」とコメントした。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

映画ナタリーをフォロー