映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

北村諒と廣瀬智紀「爪先の宇宙」舞台挨拶で互いにべた褒め、桐嶋ノドカは撮影回想

421

「爪先の宇宙」先行上映舞台挨拶の様子。左から加村真美、名塚佳織、北村諒、桐嶋ノドカ、廣瀬智紀、美沙玲奈、谷内田彰久。

「爪先の宇宙」先行上映舞台挨拶の様子。左から加村真美、名塚佳織、北村諒、桐嶋ノドカ、廣瀬智紀、美沙玲奈、谷内田彰久。

爪先の宇宙」の先行上映舞台挨拶が本日11月17日、東京・TOHOシネマズ 上野にて開催され、キャストの桐嶋ノドカ北村諒加村真美美沙玲奈名塚佳織廣瀬智紀、監督の谷内田彰久が登壇した。

manniのマンガをもとにした「爪先の宇宙」は、人との関わりを絶っていた少女・亜紀の過去や心の声、成長を描くドラマ。桐嶋が亜紀、北村が亜紀に恋愛感情を抱くドSな先輩アンジを演じる。

桐嶋は「初めて映画に出させていただいたので、内心ドキドキしていたんですが、こんなにたくさんの方に集まっていただけて心からうれしく思っています」と観客に向けて挨拶。北村は「集まってもらえて幸せに思います。温かいお客さんでよかった」と思いを述べた。

撮影が5日間とタイトであったことに触れ桐嶋は「大変でした。意識があるのかないのかわからなくなった」と振り返る。カラオケ店を借り切って撮影したと言う谷内田は「出番前、北村くんと廣瀬くんが使ってない部屋でセリフ合わせをしていて、仲良さそうな姿に癒やされました」と撮影の裏側を明かす。

ほかの作品でも北村と共演している廣瀬は「僕、あまり女性の方と共演したことがなくて。きたむー(北村)もそうなのかなと思ってたら、場の空気作りが上手で」と唐突に褒め出す。「急にどうしたの?」とびっくりした様子の北村だったが「みんなは、ちゃんとも(廣瀬)の発言に助けられてたと思う。目が半分ぐらい閉じてる状態のときよくわからないこと言い出すから、目が覚めたんじゃないかな」と笑いながら廣瀬を称賛した。

最後の挨拶で桐嶋は「私自身もキャストの皆さんもいろいろな思いを込めて丁寧に作った作品です。よろしければお友達を連れてまた観に来てください」、北村は「みんなの思いが詰まった映画になっています。たくさんの方に観ていただけたらうれしいです」とそれぞれコメントした。

「爪先の宇宙」は、12月1日より神奈川・チネチッタほか全国にて順次公開。

manni「爪先の宇宙」の更新はこちらでチェック!
Webマンガ更新チェッカー ピンガ

映画ナタリーをフォロー