映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ハリウッド版「リング」第3作が2018年1月に日本公開、鈴木光司「もっとも怖い」

120

「ザ・リング/リバース」

「ザ・リング/リバース」

「ザ・リング」シリーズ第3作「Rings」が「ザ・リング/リバース」の邦題で、2018年1月に全国にて公開される。

「ザ・リング」シリーズは、鈴木光司の小説を原作とするJホラー「リング」シリーズのハリウッド版。今作では“観ると必ず7日後に死ぬ”と言われる呪いのビデオを観てしまったジュリアが、恋人のホルトとともに呪いのルーツをたどり、謎を解き明かしていく。「リング」シリーズの貞子にあたるサマラも登場する。

イタリア出身の女優・モデルであるマチルダ・ルッツがジュリアを演じ、「フィフス・ウェイブ」のアレックス・ローがホルトに扮する。そのほか、「TIME/タイム」のジョニー・ガレッキ、「マグニフィセント・セブン」のヴィンセント・ドノフリオらが出演。「アルマゲドン・パニック」のF・ハビエル・グティエレスがメガホンを取り、「ビューティフル・マインド」でアカデミー賞脚色賞を受賞したアキヴァ・ゴールズマンが、デヴィッド・ルーカ、ヤコブ・アーロン・エステスとともに脚本を手がけた。

原作者の鈴木は「これぞ原点回帰。ハリウッドで作られたリングシリーズ史上、もっとも原作に忠実で、もっとも怖い。驚いた」とコメントを寄せている。

(c)2017 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

映画ナタリーをフォロー