映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「リング」貞子も“二十歳”に!調布市の成人式で元気に大暴れ

1120

新成人に囲まれた貞子(中央)。

新成人に囲まれた貞子(中央)。

本日1月8日、東京・調布市グリーンホールにて行われた調布市成人式に、映画「リング」シリーズの貞子が登壇した。

シリーズ1作目「リング」の公開から20年が経ち、2018年に“二十歳”になった貞子。新成人を祝福するため、「リング」生誕の地である角川大映スタジオがある調布市の成人式にサプライズ登壇した。司会者による「実はこんな方からもお祝いのメッセージをいただいております」というアナウンスとともに会場にメロウなピアノ曲が鳴り響き、スクリーンには「祝成人。新成人の皆さんご成人おめでとうございます。心からお祝い申し上げます。ところで……実は私も皆さんと同じ二十歳」という文字が。やがて映像が乱れ始めると井戸が映し出され、そこに電話の音が鳴り響いたあとステージに貞子が登場すると、会場からは「キャー!」という悲鳴とも歓声ともつかぬような叫び声が上がった。

続いて貞子は司会者のもとに歩み寄り、新成人に向けた手紙を代読するようリクエスト。手紙には「貞子です。映画『リング』が生まれてから今年で20年。つまり私も新成人ということで、今日はやって来ました。皆さんにお祝いのプレゼントがあります!」と書かれており、シリーズ最新作「ザ・リング/リバース」の前売り鑑賞券を貞子が差し出すと会場が大いに沸く。続いて抽選会でボックスの中からハガキを1枚選ぶことになった貞子は、勢いよく複数のハガキをまき散らし観客を騒然とさせる。だが次の瞬間には床に散らかしたハガキをそそくさと片付け始め、会場はさらなる盛り上がりを見せた。

最後に司会者が貞子に「貞子さんも皆さんと同じ、今年で20歳になります。ご成人おめでとうございます!」と呼びかけると、会場から祝福の拍手が送られる。さらに、成人式終了後も貞子は会場の外に集まった新成人たちと一緒に記念撮影を楽しんだ。

Jホラー「リング」シリーズのハリウッド版「ザ・リング」の第3弾にあたる「ザ・リング/リバース」は、1月26日より全国ロードショー。F・ハビエル・グティエレスが監督を務めた。

(c)2017 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

映画ナタリーをフォロー