「猿の惑星:聖戦記」公開アフレコで柳沢慎吾が「昔から猿顔だってよ俺!」

30

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」の公開アフレコが本日8月30日に東京都内のスタジオで行われ、日本語吹替版に出演する柳沢慎吾が出席した。

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」公開アフレコイベントに出席した柳沢慎吾。

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」公開アフレコイベントに出席した柳沢慎吾。

大きなサイズで見る(全15件)

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」ポスタービジュアル

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」ポスタービジュアル[拡大]

本作は、人類同等の知能を持つ猿シーザーの物語を軸にした「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の続編。愛する存在を失ったシーザーの葛藤、そして地球の支配権を懸けた猿と人類の決戦が描かれる。柳沢はシーザーと心を通わせるチンパンジーのバッド・エイプに声を当てた。

柳沢慎吾

柳沢慎吾[拡大]

猿の顔まねをする柳沢慎吾。

猿の顔まねをする柳沢慎吾。[拡大]

本作について柳沢は「お猿さん1人ひとりの目の動きとか、リアクションとか。もう全部がね、リアルだったね」とコメント。バッド・エイプを「動物園で育った猿だから人間の言葉を片言でインプットしているのが愛おしくて。ユニークさもシリアスな面も兼ね備えているキャラクターなんですよ」と説明する。「役は猿だ」と事前に聞いていた柳沢はアフレコを振り返り「丸々2日かけてやったんですけどね。スタジオに入って初めて映像を観たから合わせるのが難しくて」と述懐。「でもバッド・エイプが小学校4、5年の頃の俺にそっくりなのよ! 母親からも『おお、ぴったりだね! あんたは昔から猿そっくりだからね』って言われちゃってさ。昔から猿顔だってよ俺!」とまくし立て笑いを誘った。

公開アフレコでは、バッド・エイプがシーザーに自分の過去を語り聞かせる場面を収録。柳沢は片言で感情を込めつつセリフを発するが、大勢の前でのアフレコは緊張したようで、ときどき笑みをこぼしてしまう。しかし決めの「バッド・エイプ!」と叫ぶ箇所では真剣な表情で役に入り込んでいた。

マット・リーヴスが監督を務めた「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」は、10月13日から全国でロードショー。

この記事の画像(全15件)

関連記事

柳沢慎吾のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) / 柳沢慎吾 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。