「猿の惑星」新作予告編、シーザーが「戦う覚悟はできている」と人間に凄む

88

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」の公開日が10月13日に決定。あわせてYouTubeで予告編が解禁された。

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

大きなサイズで見る(全9件)

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

本作は、人類同等の知能を持つ猿シーザーの物語を軸にした「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の続編。予告編にはシーザーが謎の少女ノバに慈悲を与える場面、武装した人類が整列する様子などが収録されている。またシーザーがミサイル攻撃を受ける姿や、ウディ・ハレルソン扮するマッカロー大佐に「戦う覚悟はできている」と凄む緊迫したシーンなども確認できる。

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

監督のマット・リーヴスは「シーザーは、人間と猿の両方でレジェンドとなり、謎の存在となっている。大佐は、シーザーを見つけ、その影響力を奪いさえすれば、猿社会は倒れ、人間が力を取り戻すチャンスを手にできるようになると考えている」とコメント。またシリーズを通してパフォーマンスキャプチャーでシーザーを演じるアンディ・サーキスは「本作でシーザーは前2作よりもずっと深くて痛ましい感情的な極まりを見せる。彼がどこまでも自分を追い込む姿を見て驚いた」と述懐している。

この記事の画像・動画(全9件)

リンク

関連記事

関連商品

(c)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation