映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「キミスイ」北村匠海が桜田通との風呂を回想、浜辺美波は大友花恋と手紙をやり取り

719

「君の膵臓をたべたい」大ヒット御礼イベントの様子。左から森下大地、矢本悠馬、北村匠海、浜辺美波、大友花恋、桜田通、月川翔。

「君の膵臓をたべたい」大ヒット御礼イベントの様子。左から森下大地、矢本悠馬、北村匠海、浜辺美波、大友花恋、桜田通、月川翔。

君の膵臓をたべたい」の大ヒット御礼イベントが本日8月6日に行われた。

住野よるの小説を映画化した本作は、膵臓の病を抱えた高校生・山内桜良と、彼女の闘病日記を見つけた同級生“僕”を中心とした物語。浜辺美波が桜良、北村匠海DISH//)が学生時代の“僕”に扮し、12年後の現在パートでは“僕”を小栗旬、かつて桜良の親友だった恭子を北川景子が演じた。

イベントは2部構成になっており、東京のユナイテッド・シネマ豊洲にて行われた舞台挨拶にはキャストの浜辺と北村、監督の月川翔が登壇。周囲からの評判について聞かれた浜辺は「ショッピングモールの中にある映画館に観に行ったんです。そのあとフードコートで食事をしていたら、感想を話してくださっている人がいて、たくさんの人に届いているんだなあと実感しました」と述べ、笑顔を見せる。一方北村は、自身が所属するダンスロックバンド・DISH//のメンバーが観てくれたと明かし、「俳優仲間では新田真剣佑が観てくれて。昨日会ったときに『キミスイいいね』って言ってくれました。僕も『ジョジョ(ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章)』観たら感想伝えようと思います」とコメントした。

キャスト2人の夏にやりたいことの発表や、浜辺によるDISH//の新曲「僕たちがやりました」の発売告知などが行われたイベント。そんな中でも北村による新田の話はなぜか続き、「真剣佑と健太郎っていう俳優仲間と一緒に買い物に行ったんです。5店舗回ったんですけど、真剣佑が5店舗すべてで白いタンクトップを買っていて……何をしてるんだお前は!って感じでした」と笑った。

その後、場所をアーバンドック ららぽーと豊洲 シーサイドデッキに移し、スペシャルイベントを開催。浜辺、北村、月川のほかにサプライズゲストとしてキャストの大友花恋矢本悠馬桜田通森下大地が参加した。大友ら4人の参加を知らされていなかった浜辺と北村は、舞台に向かう足取りが止まってしまうほど驚いていた。

撮影中のエピソードを聞かれた大友は「お休みの日が一緒だったとき、美波ちゃんが泊まっていたお部屋のドアの下に『私のお部屋に来て一緒におしゃべりしませんか?』って手紙を入れたら本当に来てくれて」とうれしそうに話す。その言葉に浜辺が「手紙がうれしくてお菓子持って押しかけちゃいました」と述べると、大友は「帰ったあとに美波ちゃんが『楽しかったよ、ありがとう』って手紙をドアの下に入れてくれて。大切に取ってあります」と返し、2人で笑い合う。

同じく撮影時の話を聞かれた北村が桜田との雨のシーンを「体力的に一番つらかった」と振り返ると、桜田は「でもそのあと2人で一緒にお風呂に入りました」と裏話を披露。北村が「2人で体育座りしながら入ったね。家庭用のお風呂で狭かったので」と被せると、矢本は「俺はまだどっちとも風呂入ってない」と寂しさをのぞかせていた。

「君の膵臓をたべたい」は全国で公開中。

関連する特集記事

「君の膵臓をたべたい」浜辺美波×北村匠海×北川景子×小栗旬×月川翔インタビューPR

(c)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (c)住野よる/双葉社

映画ナタリーをフォロー