映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

桜田通主演の青春映画「ラ」公開、ヒモ男がバンド再結成に向け奔走

163

「ラ」

「ラ」

桜田通の主演作「」が2018年秋以降に公開される予定であることがわかった。

高橋朋広が監督を務める「ラ」は、世界中の赤ん坊の産声が“ラ”の音であるという考えをもとに、“始まり”や“生まれ変わること”をテーマにした青春映画。恋人の家で生活を送る“ヒモ男”岡浜慎平が、1年前に解散したバンド・LACTIC ACID再結成に向けて奔走するさまが描かれる。

桜田が慎平に扮し、慎平に貢ぐ彼女・加瀬ゆかり役で福田麻由子、LACTIC ACIDの元リーダーである黒やんこと黒須彰太役で笠松将が出演。桜田は「『過酷な撮影だった』と語られる作品はよく目にしますが、この『ラ』の撮影もそう表現されそうですが、本気で作品を作るためなら今回行われた撮影の過程は大変なことではなく、当たり前なんだと思えるほど現場の熱量が凄まじく、絶望に立ち向かう意味を身を持って納得させられるような作品でした」とコメントを寄せた。

また東京・渋谷のクラブWOMBにて行われたライブシーンの撮影では、桜田や笠松が実際に演奏。桜田は劇中歌の作詞も手がけ、ロックバンド・SILENT SIRENのプロデューサーであるクボナオキが作曲を担当した。

桜田通 コメント

「過酷な撮影だった」と語られる作品はよく目にしますが、この「ラ」の撮影もそう表現されそうですが、本気で作品を作るためなら今回行われた撮影の過程は大変なことではなく、当たり前なんだと思えるほど現場の熱量が凄まじく、絶望に立ち向かう意味を身を持って納得させられるような作品でした。僕はただ慎平という1人の男の子の人生を寒くても、苦しくても、痛くても、責任を持って生き抜くということだけを挑み続けた日々でした。どんな作品として完成するのか、自分でも想像がつかないほどその日々に没頭していました。音楽面では作詞をして演奏をして歌い、芝居面では感情の全てを引きずり出されるような、自分のキャパを越えなければ終わりが来ないような途方もない撮影でしたが、だからこそ今まで出会ったことのない時間や自分を経験することができました。「ラ」という始まりの音がテーマの映画になっていますが、僕にとってもこの作品が新しい自分の「始まりの音」を予感することができました……と誰もが思いつきそうな言葉を今伝える前に、この綺麗事だけでは語り切れない僕にとって異色な作品となった映画「ラ」をとにかく見て欲しいです。そしてそれぞれの「始まりの音」を感じて貰えたら、きっと慎平も報われます。どうぞよろしくお願い致します。そしてこの作品の監督をし、脚本を書き下ろした高橋監督には撮影期間中、よくもあんな苦しい思いをさせてくれて、本当にありがとうございました、とこの文章を通して感謝を伝えたいです。

福田麻由子 コメント

今までにない経験をたくさんできた刺激的な現場でした。
私が演じたゆかりという女性は、私とは正反対の女性でした。
撮影前のリハーサルのときには、慎平くんへの愛情のかたちを理解できなくて、ゆかりのことが嫌いでした。でも、今ではゆかりを愛しています。
ゆかりを好きになっていくぶん、自分のことを嫌いになっていく、不思議な2カ月でした。
不器用で歪んだ登場人物たちを笑いながら、最後には自分のことも笑い飛ばしたくなるような、そんな映画になればいいなと思います。

笠松将 コメント

いま出来る限りの全てを注ぎました。些細なシーンにも拘りを持ち、スタッフ、キャストとたくさん会話をしました。そして悩みや不安を一つずつ解決し作り上げた作品です。

(c)2018 映画『ラ』製作委員会

映画ナタリーをフォロー