カンヌ出品経験持つ井樫彩の新作「真っ赤な星」で桜井ユキと小松未来がW主演

156

井樫彩の新作「真っ赤な星」で、桜井ユキ小松未来がダブル主演を務めることが発表された。

「真っ赤な星」ティザービジュアル

「真っ赤な星」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

監督作「溶ける」が第70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン(学生映画)部門に出品された井樫が今作で描くのは、心の空虚さを埋めるために体を売ってしまう元看護師・津倉弥生と、彼女に惹かれていく少女・安達陽の交流。弥生役を「過激派オペラ」の桜井、陽役をこれが長編映画初主演となる小松が務める。

本作は8月にクランクインし、2018年に国内外の映画祭への出品および全国公開を予定。6月1日より、制作資金の援助を募るクラウドファンディングがCAMPFIREにて開始される。

この記事の画像(全4件)

関連記事

井樫彩のほかの記事

リンク

関連商品

(c)『真っ赤な星』製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 真っ赤な星 / 井樫彩 / 桜井ユキ / 小松未来 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。