中川大志&平祐奈「ReLIFE」主題歌をJK100人と大合唱

982

ReLIFE リライフ」でダブル主演を務めた中川大志平祐奈が、4月4日に東京・国立代々木競技場 第一体育館で開催されたシンデレラフェスvol.4に参加した。

「ReLIFE リライフ」シンデレラフェスvol.4コラボステージの様子。

「ReLIFE リライフ」シンデレラフェスvol.4コラボステージの様子。

大きなサイズで見る(全29件)

「ReLIFE リライフ」シンデレラフェスvol.4コラボステージの様子。

「ReLIFE リライフ」シンデレラフェスvol.4コラボステージの様子。[拡大]

同イベントと「ReLIFE リライフ」のコラボステージに登場した中川と平。本作の魅力について、中川は「27歳の海崎が若返り、もう一度17歳の高校生に戻る設定なので、27歳の僕、17歳の僕、どちらも観られるところです」と、平は「世代問わず、男女問わず、いろんな視点で楽しめる作品です」とアピールする。

「ReLIFE リライフ」シンデレラフェスvol.4コラボステージの様子。

「ReLIFE リライフ」シンデレラフェスvol.4コラボステージの様子。[拡大]

そして中川は「中川大志はこの辺で失礼いたします。みんな、ここで待ってて! 親友の海崎とみんなで乗ろう!」とステージを去り、劇中で演じたキャラクター海崎新太として制服姿で再登場したあとは、井上苑子が歌うエンディングテーマ曲「さくら」に乗せてラップを披露。会場に集まった女子高校生100人と同曲を合唱した。

コラボステージを終えた中川は「最高に楽しかったです! 皆さんが楽しそうに歌ってくださっていたので、それが何よりうれしかったです」と、平は「2人の歌に圧倒されて本当に楽しかったです」とそれぞれ興奮気味に語った。

「ReLIFE リライフ」は、社会で挫折を経験した27歳のニート・海崎が、とある研究“リライフ”の被験者となって高校生活をやり直し、未来を変えていくさまを描いた作品。4月15日より全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全29件)

関連記事

中川大志のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2017「ReLIFE」製作委員会 (c)夜宵草/comico

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ReLIFE リライフ / 中川大志 / 平祐奈 / 井上苑子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。