映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ReLIFE」中川大志&千葉雄大が「あーん」の応酬、平祐奈は高校卒業祝いに感涙

446

中川大志(左)にケーキを食べさせる千葉雄大(右)。

中川大志(左)にケーキを食べさせる千葉雄大(右)。

ReLIFE リライフ」の完成披露舞台挨拶が本日3月8日に東京・丸の内ピカデリーにて開催され、中川大志平祐奈千葉雄大池田エライザ岡崎紗絵、監督の古澤健が登壇した。

夜宵草のマンガをもとにした「ReLIFE リライフ」は、社会で挫折を味わった27歳のニート・海崎新太が、とある研究“リライフ”の被験者となって高校生活をやり直していく作品。

「こんばんは!」と挨拶した中川は、観客の返事を聞いて「まだ(声が)出ますね!」と煽っていく。ファンが「千葉くんおじさん」と書かれたプレートを持っているのに気付いた27歳の千葉は、「ちょっとあとで裏に来てもらっていいですか?」と慣れた様子で叱りつける。

27歳の海崎役を務めた現在18歳の中川は、「現役の高校生として等身大で学生役を演じられるのが武器だったんですが、今回はそれを一切捨てました。千葉くんに近付けるように、おじさんになれるようにとがんばりました」といじる。それを受け千葉は、「27歳はどんな感じなのか聞かれたんですけど、まったく参考にならないみたいでしたね。僕、ちょっと若めなので(笑)。お役に立てず残念でした」と返した。

また中川は、真面目な保健室シーンの撮影現場での池田について「すっごい集中してるなと思って距離を置いていたんですけど、よーく見たらベッドですやすや寝てました」と暴露。すると千葉が「僕ら、中川くんが寝てるときずっと見てましたよ。俺の携帯に、お前の寝顔(の写真)いっぱいあっからな!」と発言し、ファンから歓声が上がった。

さらに千葉は、現場で平と膝カックンをしあっていたと打ち明ける。中川に「兄妹みたいだった」と言われた千葉は、平に「漫才コンビでもやらない?」と提案。「やる? でも『お笑いなめんな!』って言われちゃうよ」「じゃあ身内(の間だけ)でやろ」というやり取りに、中川は「じゃあ観に行くね!」と約束した。

ここで今年高校を卒業する中川と平へ、共演者たちからサプライズプレゼントが。卒業証書を模したケーキがステージに運ばれ、その文面を千葉が「勉強もがんばりながら、『ReLIFE』の現場を盛り上げてくれました」と読み上げる。驚いた平は涙を流して「撮影期間と大学受験が被っていたんですが、皆さんに応援していただいて、無事に合格することができて。本当に、人々や環境に恵まれたなと思っています」とコメント。「お前も泣けよ!」と言われた中川は、スタッフに目薬を要求する手つきで笑いを起こす。そして池田が平に、千葉が中川にケーキを「あーん」と食べさせる。特大スプーンにケーキをこんもり盛られた中川は、一口では到底食べきれず、そのまま千葉の口へスプーンを運んだ。

最後に平は、メインキャストの高杉真宙がこの舞台挨拶に登壇できなかったことを惜しみつつ「初めて皆さんにこの映画をご覧いただけて、こんなに素敵なサプライズもしていただいて、うれしく思います」と感謝を述べる。続いて中川が「この『ReLIFE』が、僕が学生として演じた最後の作品になりました。それが27歳の役とは思っていませんでしたが、自分にとってチャレンジでもあったし、新しいものが作れたんじゃないかと思っています」と話し、イベントを締めくくった。

「ReLIFE リライフ」は4月15日より全国でロードショー。

(c)2017「ReLIFE」製作委員会 (c)夜宵草/comico

映画ナタリーをフォロー