映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「鋼の錬金術師」原画展が東京と大阪で開催、実写映画の衣装や小物を無料展示

460

原画展「鋼の錬金術師展」が9月16日から10月29日にかけて東京・東京ドームシティ Gallery AaMo、11月3日から30日にかけて大阪・ATCミュージアムで開催される。

この展示会は、山田涼介Hey! Say! JUMP)が主演を務める実写映画「鋼の錬金術師」が12月1日に全国公開されることを記念したもの。原作者の荒川弘による100点以上のマンガ原画や、本展のために描き下ろされた特製原画が展示される。さらに映画版を紹介するコーナーも設置され、劇中で使用された衣装や小物を陳列。同コーナーのみ入場が無料となっている。

チケットは5月20日よりセブンチケットにて先行販売。各プレイガイド、アニメイトでは7月12日に発売される。なお東京会場では9月15日に特別内覧会を実施。現在セブンチケットでチケットが販売中だ。

鋼の錬金術師展

2017年9月16日(土)~10月29日(日)東京都 東京ドームシティ Gallery AaMo
2017年11月3日(金・祝)~30日(木)大阪府 ATCミュージアム
開館時間 10:00~17:00 ※最終入場は16:30

チケット情報

入場券

前売り券:一般、大学生 1300円 / 中高生 1000円 / 小学生以下 800円
当日券:一般、大学生 1500円 / 中高生 1200円 / 小学生以下 1000円

音声ガイド付き入場券

前売り券:一般、大学生 1900円 / 中高生 1600円 / 小学生以下 1400円
当日券:一般、大学生 2100円 / 中高生 1800円 / 小学生以下 1600円

特別内覧会

料金:3500円(パンフレット+限定グッズ付き)

(c)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (c)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

映画ナタリーをフォロー