映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

山田涼介主演「鋼の錬金術師」公式サイトでビジュアル公開、ハガレンみくじも実施

1096

「鋼の錬金術師」イメージカット

「鋼の錬金術師」イメージカット

Hey! Say! JUMP山田涼介が主演を務める「鋼の錬金術師」のティザービジュアルが、公式サイトにて公開された。

本作は、荒川弘の同名マンガを曽利文彦が実写映画化したもの。幼い頃に母親を亡くした兄エドワードと弟アルフォンスの冒険を描く。山田のほか本田翼ディーン・フジオカ松雪泰子本郷奏多らが出演する。

公式サイトで公開されたティザービジュアルには、山田演じるエドワードの姿が。また、特報映像では一部しか確認できなかった、フルCGで制作されたアルフォンスも見ることができる。さらに同サイトでは、新年の特別コンテンツ「ハガレンみくじ」も実施。

原作者の荒川は「『作品は自分の子供』とよく言われますが、原作が子供ならそこから派生した作品は可愛い孫のようなものです。この度ドラマCDやアニメやゲーム等に加えて実写映画という孫が増えました。完成までまだしばらくありますが、今度の孫はどんなやんちゃを見せてくれるのかな~と楽しみにしています!」とコメントした。

曽利は「映画監督として、日本が世界に誇る名作『鋼の錬金術師』を実写映画化できるなんて本当に幸せです。10年もの長い期間、この映画のために開発を続けた映像技術を全編に駆使して、邦画の新しい可能性に挑戦したいと思います」と話す。さらにイタリアでロケを敢行したことについて「イタリアに行きたかった一番大きな理由が機関車です。原作を読んでいて、“機関車”がモチーフとして一番重要だと考えました。兄弟が旅をする話なので移動は全部機関車で移動していて、機関車が日本の機関車だとしっくりこないので西洋の機関車を求めて街を探しました」「石畳の風景が欲しかった。日本に現代の石畳はあるが、年季が入った石畳を探すと西洋風の石畳はなく、最近のものだったりする。ある程度年季の入った石畳を探しました」とこだわりを明かしている。

「鋼の錬金術師」は12月より全国ロードショー。

(c)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (c)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

映画ナタリーをフォロー