映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

山田涼介主演「鋼の錬金術師」2017年12月公開決定、ディーン・フジオカ衣装展示も

365

「鋼の錬金術師」

「鋼の錬金術師」

山田涼介Hey! Say! JUMP)が主演を務める実写映画「鋼の錬金術師」が、2017年12月に公開されることがわかった。

荒川弘の同名マンガを原作とする「鋼の錬金術師」は、幼い頃に母親を亡くした兄エドワードと、弟アルフォンスの波乱に満ちた冒険を描いた作品。エドワードを山田が演じ、そのほかキャストには本田翼ディーン・フジオカ蓮佛美沙子本郷奏多夏菜大泉洋佐藤隆太小日向文世松雪泰子らが名を連ねている。メガホンを取ったのは「ピンポン」の曽利文彦

また、本日12月2日から4日まで千葉・幕張メッセで行われる東京コミックコンベンション 2016にて、フジオカ扮するロイ・マスタングの劇中衣装が展示されることも明らかに。フジオカは「文字通り血と汗の滲んだロイ・マスタングの衣装をご覧頂くことで、作品制作にかけるチーム全員のパッションと、映画の世界観を感じていただけたら嬉しいです」とコメントを寄せている。

ディーン・フジオカ コメント

東京コミコンへの映画衣装出展、大変嬉しく思います。文字通り血と汗の滲んだロイ・マスタングの衣装をご覧頂くことで、作品制作にかけるチーム全員のパッションと、映画の世界観を感じていただけたら嬉しいです。

曽利文彦 コメント

東京コミコンへの出展と聞き、本当に光栄です。米国コミコンの熱気は体験済みですが、日本ではさらに盛大なイベントに成長すると確信しています。今回の展示で、映画「鋼の錬金術師」の衣装から映画のリアルな世界観を感じていただき、作品そのものへも是非ご期待ください。

西原梨恵(衣装デザイン)コメント

舞台はアメストリスという架空の国。衣装にリアリティを持たせる為、原作のモデルともなった19世紀の産業革命時代の軍服、中世の甲冑などを参考にし、動きやすいフォルムに仕上げました。ウエストは締まって見えるように肩幅のバランスを調整。スカートはドレープが綺麗に見えるように何種類かの素材を使用し、動きの中に勇ましいエレガントさが出るよう心掛け、監督と相談しながら、理想の素材、色を引き出すまで試していきました。アメストリス国が本当に存在し、また未来に存在する国のように、登場人物が浮き上がって見えたら嬉しいです。

(c)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (c)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

映画ナタリーをフォロー