「ひるなかの流星」三浦翔平&白濱亜嵐、永野芽郁へ「ティッシュくらい持ってなさい」

9578

ひるなかの流星」の公開記念舞台挨拶が、本日3月25日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、キャストの永野芽郁三浦翔平白濱亜嵐GENERATIONS from EXILE TRIBEEXILE)、山本舞香、監督の新城毅彦が登壇した。

「ひるなかの流星」公開記念舞台挨拶の様子。

「ひるなかの流星」公開記念舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全68件)

永野芽郁

永野芽郁[拡大]

やまもり三香のマンガをもとにした「ひるなかの流星」は、東京の高校に転校してきた田舎育ちの女子高生・与謝野すずめの恋模様を描く青春ストーリー。永野がすずめに扮し、すずめが恋に落ちる担任教師・獅子尾五月を三浦、すずめに惹かれていくクラスメイト・馬村大輝を白濱、クラス一の美少女・猫田ゆゆかを山本が演じる。

三浦翔平

三浦翔平[拡大]

本作で初主演を果たした永野は、「今はすごくほっとしてます。撮影中は、本当に撮りきれるんだろうかっていう思いがあったので」と胸をなでおろす。三浦は「原作のイメージを壊したくなかったので、僕なりに原作になるべく近付けてお芝居させてもらいました。リレーで馬村に『もう譲らない』って言うシーンは、『どうしてもこのセリフだけはやらせてもらえないか』って新城さんに話して(追加で)撮ってもらったんです」と語った。

白濱亜嵐

白濱亜嵐[拡大]

また白濱は、撮影1カ月半前に新城から「髪を伸ばして日焼けをやめて、体を細くしてくれ」と注文されたそう。当時ツアー中で減量に苦労したという白濱は、「『俺は塩顔だ、俺は塩顔なんだ!』って言い聞かせながらステージに立っていたんですけど、メンバーの(小森)隼から『亜嵐くん、ド級のソース顔です』って言われたんです(笑)」と明かし笑いを誘う。

号泣する永野芽郁(左)にハンカチを手渡す三浦翔平(右)。

号泣する永野芽郁(左)にハンカチを手渡す三浦翔平(右)。[拡大]

やまもり三香からの手紙に号泣する永野芽郁。

やまもり三香からの手紙に号泣する永野芽郁。[拡大]

ここで座長を務めた永野へのサプライズプレゼントとして、原作者・やまもりからの手紙が読み上げられることに。それを聞いた途端に永野は「泣いちゃうよ、もう泣いちゃう!」と早くも涙を浮かべる。「私が描いた与謝野すずめという女の子を演じてくださったのが、芽郁ちゃんで本当によかった。表裏がなく、元気で明るいポジティブな芽郁ちゃんは、私が思い描くすずめそのままで、自分が描いたキャラクターが今目の前で笑っている!と感動したことを覚えています」「芽郁ちゃんが魂を込めて演じてくれたこの映画が、たくさんの人に届いてくれたら」というやまもりの言葉に、永野は号泣。三浦がハンカチを手渡し「君ねえ、ティッシュくらい持ってなさいよ」と言うと、白濱は「劇中で観たやつだ!」と大興奮の様子だった。

再び涙を流す永野芽郁(右)に、ティッシュを渡した白濱亜嵐(左)。

再び涙を流す永野芽郁(右)に、ティッシュを渡した白濱亜嵐(左)。[拡大]

最後に永野は、「自分が初めて主演した映画がこの作品でよかったと心から思っています……」と挨拶しようとするも、再び涙がこみ上げてしまう。「泣いちゃうの、やだ!」と慌てて顔を隠す永野へ、今度は白濱がティッシュを手渡す。そして永野が改めて「(この映画は)誰がなんと言おうと、私の代表作です!」と宣言し、イベントは終了した。

この記事の画像・動画(全68件)

関連記事

永野芽郁のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2017 映画「ひるなかの流星」製作委員会 (c)やまもり三香/集英社

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ひるなかの流星 / 永野芽郁 / 三浦翔平 / 白濱亜嵐 / GENERATIONS from EXILE TRIBE / EXILE / 山本舞香 / 新城毅彦 / やまもり三香 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。