「ひるなかの流星」永野芽郁、三浦翔平、白濱亜嵐がDream Amiの歌声に感動

493

ひるなかの流星」の大ヒット御礼舞台挨拶が本日4月7日に東京・新宿バルト9にて開催され、キャストの永野芽郁三浦翔平白濱亜嵐GENERATIONS from EXILE TRIBEEXILE)、監督の新城毅彦、サプライズゲストのDream Amiが登壇した。

「ひるなかの流星」舞台挨拶の様子。左から白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE、EXILE)、永野芽郁、三浦翔平、Dream Ami。

「ひるなかの流星」舞台挨拶の様子。左から白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE、EXILE)、永野芽郁、三浦翔平、Dream Ami。

大きなサイズで見る(全64件)

左から白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE、EXILE)、永野芽郁、三浦翔平。

左から白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE、EXILE)、永野芽郁、三浦翔平。[拡大]

やまもり三香のマンガをもとにした「ひるなかの流星」は、東京の高校に転校してきた田舎育ちの女子高生・与謝野すずめの恋模様を描く青春ストーリー。永野がすずめに扮し、すずめが恋に落ちる担任教師・獅子尾五月を三浦、すずめに惹かれていくクラスメイト・馬村大輝を白濱が演じる。

左から永野芽郁、三浦翔平。

左から永野芽郁、三浦翔平。[拡大]

3月24日の公開から4月3日の時点で、観客動員数70万人、興行収入7億9000万円を記録している本作。SNSでの口コミで話題になっているという話を受けた永野は「友達が(劇中の)チューしてる画像をかわいくデコレーションして送ってくれるんですよ! 送られてくる側としてはどう反応していいかわからないけど、楽しんでくれてよかった!って思ってます」とうれしそうに話す。

本作をそれぞれ劇場へ観に行ったと言う永野、三浦、白濱は同じ劇場で鑑賞していたことが発覚。白濱は「こっそりバレないように観に行ったら、まったくバレなくて逆に恥ずかしかった」と照れくさそうに告白する。三浦は「(自分は)絶対話しかけてくるんじゃねえぞっていうオーラを出してた」と冗談っぽく話し、「お客さんが観ながらキャーキャー言うのよ! あらーあらーとか(笑)。楽しいなと思いながらも一切バレないから変な気持ちになりました」と回想した。

左から永野芽郁、Dream Ami。

左から永野芽郁、Dream Ami。[拡大]

続いて、本作の主題歌「はやく逢いたい」を歌っているAmiがサプライズ登場すると、主題歌をいつも聴いているという永野は「全然想像してなかった! びっくりです」と目を丸くして驚く。原作ファンだったというAmiは「亜嵐くんが実写版に出るって聞いたときに、めっちゃいいな、ずるい!と思ってたんですけど、まさか主題歌を歌えるとは……亜嵐さまさまです!」と笑顔を見せる。書き下ろしの歌詞について「ヒロインのすずめちゃんの気持ちを代弁するような歌詞にしたいなと思って書きました。映画にぴったりだと言ってくださる方がたくさんいてホッとしてます」と話した。三浦は「GENERATIONSとしては……」とボケながら「キャッチーで耳に残りやすく口ずさんでしまうし、始まった瞬間に“ひるなか”だ!って思いますね」と曲の感想を述べる。

白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE、EXILE)

白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE、EXILE)[拡大]

Amiの生歌を聴いた白濱が「映画の中のシーンが走馬灯のようによみがえってきました!」と元気よく感想を伝えると、三浦は「すぐそういうこと言うな、お前」とツッコミ。「本当にそう思ったんですもん! 全然説得力ないじゃん……」と嘆く白濱を永野が「あるある!」と励まし、終始和やかなムードのままイベントは終了した。

この記事の画像(全64件)

関連記事

永野芽郁のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2017 映画「ひるなかの流星」製作委員会 (c)やまもり三香/集英社

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ひるなかの流星 / 永野芽郁 / 三浦翔平 / 白濱亜嵐 / GENERATIONS from EXILE TRIBE / EXILE / Dream Ami / 新城毅彦 / やまもり三香 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。