映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

織田梨沙、満島真之介、三浦貴大、吉岡里帆ら出演の日豪合作映画が公開

169

「STAR SAND-星砂物語-」(c)2017 The STAR SAND Team

「STAR SAND-星砂物語-」(c)2017 The STAR SAND Team

日本とオーストラリアの合作映画「STAR SAND-星砂物語-」の公開が決定した。

「STAR SAND-星砂物語-」は、1945年の沖縄を舞台とする作品。小さな島に渡り一人暮らしを始めた16歳の少女・洋海は、洞窟で暮らす脱走兵の隆康とボブに出会う。3人はやがて心を通わせていくが、隆康の兄である一が洞窟にやって来たことをきっかけに悲劇が起こる。

メガホンを取ったのは「戦場のメリークリスマス」で助監督を務めたロジャー・パルヴァース。洋海を織田梨沙、隆康を満島真之介、ボブをブランドン・マクレランドが演じ、そのほかキャストには三浦貴大吉岡里帆寺島しのぶ渡辺真起子石橋蓮司緑魔子が名を連ねる。また、坂本龍一が主題曲「Star Sand」を提供した。

パルヴァースは織田を主演に起用した理由について「わたしは40年にわたって芝居の演出や映画関係の仕事をしていますが、織田梨沙さんほど演技の深さとエモーションの広さを表現する若い女優は見たことがありません。彼女は、星砂いっぱいの空に新しい星をもたらした大スターだ」と述べている。

「STAR SAND-星砂物語-」は6月下旬より沖縄で先行公開。8月上旬から東京で上映される。

映画ナタリーをフォロー