映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

織田梨沙、満島真之介ら出演「STAR SAND」が沖縄映画祭の特別招待作品に決定

313

「STAR SAND-星砂物語-」

「STAR SAND-星砂物語-」

日本とオーストラリアの合作映画「STAR SAND-星砂物語-」が、4月20日から23日にかけて開催される第9回沖縄国際映画祭「島ぜんぶでおーきな祭」の特別招待作品に決定した。

1945年の沖縄を舞台とする本作。16歳の少女・洋海は洞窟で暮らす脱走兵の隆康とボブに出会い、3人はやがて心を通わせていくが、隆康の兄である一が洞窟へやって来たことをきっかけに悲劇が起こる。洋海を織田梨沙、隆康を満島真之介、ボブをブランドン・マクレランドが演じ、そのほかキャストには三浦貴大吉岡里帆寺島しのぶ渡辺真起子石橋蓮司緑魔子が名を連ねた。

映画祭では4月22日に沖縄・桜坂劇場で上映され、主演の織田と監督のロジャー・パルヴァースが現地を訪れる予定。織田は「撮影中に監督、キャストの方々、伊江島のみなさんと、また沖縄に戻ってきたい、完成した作品を一緒に観たいとお話ししていたので、実現して本当に嬉しいです」とコメントを寄せた。チケットなどの詳細は映画祭の公式サイトで随時発表される。

「STAR SAND-星砂物語-」は、6月21日より桜坂劇場にて先行上映。8月4日より東京・ユーロライブほかにて順次公開される。

織田梨沙 コメント

撮影中に監督、キャストの方々、伊江島のみなさんと、また沖縄に戻ってきたい、完成した作品を一緒に観たいとお話ししていたので、実現して本当に嬉しいです。

満島真之介 コメント

目を閉じると、星砂を集めて目を輝かせていたあの頃が蘇ります。
その白い砂を踏みしめたであろう数えきれないほどの方々と
今を生きる我々をつなぐ映画が、故郷沖縄の映画祭に招待されたことこの上ない喜びです。
沖縄の風を存分に感じながら、この映画の愛に触れてほしいです。

(c)2017 The STAR SAND Team

映画ナタリーをフォロー