映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「名探偵コナン」新作に宮川大輔と吉岡里帆が出演

1038

左から宮川大輔、江戸川コナン、吉岡里帆。

左から宮川大輔、江戸川コナン、吉岡里帆。

名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)」に、宮川大輔吉岡里帆がゲスト声優として出演することが発表された。

テレビアニメ「名探偵コナン」の劇場版第21作にあたる本作は、百人一首が絡んだ事件に江戸川コナンと服部平次が挑むミステリー。宮川演じる関根康史(せきねこうじ)、吉岡が声を当てる枚本未来子(ひらもとみきこ)は、ともに競技かるた会の“皐月会”に所属する選手で、コナンや平次が巻き込まれる事件にも関わる重要なキャラクターだ。

本作の舞台が大阪と京都であることから起用された、関西出身の2人。宮川は「アニメ声優は初挑戦ですが、あまり意識し過ぎず、ちょっとでも良いなと思ってもらえるよう今から台本を読み込んでアフレコに臨みたいと思います」、吉岡は「プレッシャーが大きいですが、コナンファンの皆さんにも納得していただけるよう頑張ります」とコメントを寄せた。

「名探偵コナン から紅の恋歌」は4月15日より全国ロードショー。

宮川大輔 コメント

息子と小学生の甥っ子がコナン君が大好きで、移動中によくDVDを観ているんです。なのでオファーを聞いた時は嬉しい気持ちと、「僕でいいのかな」という不安がありました。でも、関西弁の役ということで少し安心しています。アニメ声優は初挑戦ですが、あまり意識し過ぎず、ちょっとでも良いなと思ってもらえるよう今から台本を読み込んでアフレコに臨みたいと思います。僕が演じる関根康史は、競技かるたの腕がトップクラスの知的な役で、殺人事件の現場に現れるなどの謎もあるキャラクターなので、どう物語に絡んでくるのか今から楽しみです。

吉岡里帆 コメント

私は小さい頃からコナン君が好きで、アニメも観ていたし、原作も読んでいました。今回オファーを頂いて、身に余る思いです。劇場版21作目ということでミスは許されないなと崖っぷちにいるような気持ちでいます。プレッシャーが大きいですが、コナンファンの皆さんにも納得していただけるよう頑張ります。私が演じる枚本未来子は、平次と和葉が通う高校のかるた部の主将でメガネっ娘です。コナン君たちと一緒に事件にも巻き込まれるので、コナン君に助けてもらえるのを期待しています。

(c)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

映画ナタリーをフォロー