映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

勝地涼と広瀬アリス、米版スーパー戦隊「パワーレンジャー」吹替版に出演

271

東映によるスーパー戦隊シリーズをベースにしたハリウッド映画「パワーレンジャー」の日本語吹替版に、勝地涼広瀬アリスが出演していることがわかった。

総製作費120億円をかけて作られた「パワーレンジャー」は、1993年から全米で放送されている同名テレビシリーズの劇場版。5人のヒーローをデイカー・モンゴメリーナオミ・スコットRJ・サイラーベッキー・Gルディ・リンが演じる。

勝地が息を吹き込むのは、リーダーのレッドレンジャー。また広瀬はヒロインのピンクレンジャーに声を当てる。実写作品の洋画の吹替は初だという勝地は「自分がレッドを演じてもいいのかなという不安な気持ちもありますが、子供のころから見ていた作品に参加できることに、懐かしさと嬉しさがあります」と、声優初挑戦の広瀬は「ピンクレンジャーの可愛らしさを残しつつ、かっこよく演じられたらなと思います」とそれぞれコメントを寄せた。

「パワーレンジャー」は7月15日より日本公開。

勝地涼 コメント

日本のスーパー戦隊を元にした「パワーレンジャー」をハリウッドで映画化するということで、どんな映画になるのか今からとても楽しみです。自分がレッドを演じてもいいのかなという不安な気持ちもありますが、子供のころから見ていた作品に参加できることに、懐かしさと嬉しさがあります。洋画の吹き替えは初めてですが、俳優の自分を選んでいただいた意味があると思うので、キャラクターに気持ちを入れて演じられるように頑張りたいと思います。今回の役柄は、最初からレッドレンジャーとして登場するのではなく、これから“パワーレンジャー”になっていくという話なので、劇中で描かれているキャラクターと一緒にヒーローになっていけたらなと思います。

広瀬アリス コメント

今回、初めて声のお仕事をさせていただきます。ドラマや映画のお仕事とは少し違うので今からとてもドキドキしています。実は幼い頃、兄とスーパー戦隊を見ていたと両親から聞き、お話を頂いたときはなにか運命のようなものを感じました。普段からアニメを見て声優さんが大好きなので、憧れのお仕事を経験できることが嬉しいです。吹き替え版の洋画を見ながらアフレコ前にしっかり勉強して頑張ろうと思います。ピンクレンジャーの可愛らしさを残しつつ、かっこよく演じられたらなと思います。

(c)2016 Lionsgate TM&(c) Toei & SCG P.R.

映画ナタリーをフォロー