野村周平、主演作「サクラダリセット」クランクアップで「新たな引き出しができた」

234

本日11月14日、23歳の誕生日を迎えた野村周平。それを記念し、野村が主演する「サクラダリセット 前篇 / 後篇」のクランクアップ時の写真とコメントが公開された。

「サクラダリセット」のクランクアップ時、花を受け取る野村周平(左)。(c)2017映画「サクラダリセット」製作委員会

「サクラダリセット」のクランクアップ時、花を受け取る野村周平(左)。(c)2017映画「サクラダリセット」製作委員会

大きなサイズで見る(全6件)

「サクラダリセット」ティザービジュアル (c)2017映画「サクラダリセット」製作委員会

「サクラダリセット」ティザービジュアル (c)2017映画「サクラダリセット」製作委員会[拡大]

本作は、河野裕によるライトノベルを「神様のカルテ」の深川栄洋が実写化した青春ミステリー。過去の体験を決して忘れない記憶保持能力を持つ高校生・浅井ケイが、世界を最大3日分巻き戻す“リセット”の能力を有する春埼美空らとともに、死んだ友人を再生させるため奮闘していく。野村がケイ、黒島結菜が美空を演じ、その脇を平祐奈健太郎玉城ティナ恒松祐里及川光博加賀まりこらが固める。

「サクラダリセット」のクランクアップを喜ぶ野村周平。(c)2017映画「サクラダリセット」製作委員会

「サクラダリセット」のクランクアップを喜ぶ野村周平。(c)2017映画「サクラダリセット」製作委員会[拡大]

9月半ばに静岡でクランクインし、11月上旬にクランクアップした本作。約230ページの台本と格闘してきた野村は、クランクアップを告げる声にホッとした様子を見せ笑顔に。また深川とともにバンザイし、スタッフたちの苦労をねぎらった。

野村は「今回、非現実的な物語を描いた作品に初めて挑戦し、“新たな引き出し”ができたという実感があります」と振り返り、「共演した皆さんも素晴らしい役者さん方なので、『サクラダリセット』はすごい作品になるんじゃないか、と思っています!」と自信をのぞかせている。

なお本日より映画の公式サイトで、野村のほか、黒島、平、健太郎、玉城、恒松らメインキャストのコメント動画を公開。クランクアップ時の心境などをそれぞれが語っている。

「サクラダリセット 前篇 / 後篇」は、2017年春に全国ロードショー。

野村周平 コメント

今回、非現実的な物語を描いた作品に初めて挑戦し、“新たな引き出し”ができたという実感があります。僕が演じた浅井ケイは普段、感情が外に出ない役で、だからこそ、感情を出す時が難しいと感じました。こんなに頭が良くセリフ回しの難しい役も初めてだったので、勉強になったことがたくさんありました。能力を使うシーンでは、見えないモノを相手に演じることもありましたが、深川監督は役の感情を大切にして、丁寧に演出してくださるのでとても分かりやすかったです。若者たちを中心に展開するお話の中に大人も巻き込まれていくところが面白いなと思いました。共演した皆さんも素晴らしい役者さん方なので、「サクラダリセット」はすごい作品になるんじゃないか、と思っています!

この記事の画像・動画(全6件)

関連記事

野村周平のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 サクラダリセット 前篇 / サクラダリセット 後篇 / 野村周平 / 黒島結菜 / 平祐奈 / 健太郎 / 玉城ティナ / 恒松祐里 / 及川光博 / 加賀まりこ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。