映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

蒼井優「アズミ・ハルコ」舞台挨拶で海苔に辱められる、高畑充希は笑顔で謝罪

151

「アズミ・ハルコは行方不明」プレミア試写会の様子。左から松居大悟、石崎ひゅーい、加瀬亮、蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、花影香音。

「アズミ・ハルコは行方不明」プレミア試写会の様子。左から松居大悟、石崎ひゅーい、加瀬亮、蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、花影香音。

アズミ・ハルコは行方不明」のプレミア試写会が本日11月10日、東京のユナイテッド・シネマ豊洲にて行われ、キャストの蒼井優高畑充希太賀葉山奨之花影香音石崎ひゅーい加瀬亮、監督の松居大悟が登壇した。

本作は、山内マリコの同名小説を原作にした群像劇。独身OL・安曇春子の失踪をきっかけに起こる出来事を、彼女が消えるまでと消えたあとの時間を交錯させながら描く。蒼井が春子を、街中に春子の顔のグラフィティを拡散するギャル・木南愛菜を高畑が演じる。

キャスティングについて聞かれた松居は「上手にまとめたくない、1秒先に何が飛び出すかわからない映画にしたいと思った。だから観てたらワクワクするような人たちに声をかけさせていただいた」と返答。 蒼井はオファーを受けたときの心境について「『アズミ・ハルコは行方不明』の安曇春子役と聞いてすごい楽じゃないかと思いました。行方不明で主演だなんて、こんないい話あるんだなって」と語り、笑いを誘う。

続けて蒼井は「監督とプロデューサーと私が同い年で、そのことを聞いた時点で興味が湧いた。そして脚本を読んでみたら、どういうふうに仕上がるのか想像できなかった」と当時を振り、「30歳という節目を迎える3人だから挑戦してもいいんじゃないか。まだまだ守りに入る年齢じゃないと言われているような気がした」と述懐する。

自身の演じるキャラクターの気持ちがわからなかったという高畑は「優ちゃんに『わからん』って言ったら、『愛菜も自分のことがわかってないんだから、わからなくていいんじゃない』って返してくれて、吹っ切ることができた」と裏話を披露。撮影時の様子について聞かれると「振り切って出し惜しみせずがんばろうと思って、そしたらけっこう小道具とか壊しちゃって……ごめんなさい」と告白し、笑顔で松居に頭を下げた。

加瀬は出演した理由について「僕の先入観かもしれないんですが、監督は今までダメな男を応援するような映画を撮ってきたと思うんです。だけど今回の作品は真逆で。そこに挑戦と興味を覚えた」とコメント。本作で映画初出演を果たした石崎は「監督から出演のオファーを受け、『相手は蒼井優だよ』と聞かされたときは、この人頭イカれちゃってると思った」と胸の内を明かす。続けて「(台本の)読み合わせがあって、人生で一番緊張したってぐらい緊張した。緊張しながらも優ちゃんの顔を見て話そうとしたら、優ちゃんの歯に海苔が挟まってて、それで緊張が解けた」と暴露し、蒼井を恥ずかしがらせた。

女性の登場人物が活躍する本作について高畑は「試写会で映画を観たあともよくわからないという気持ちはあった。でも1シーン1シーン目が離せなくて、短く感じた。なんとも言えないパワーをもらって、特に女子は世界がちょっと明るくなるんじゃないかと思います」と魅力をアピール。「女祭りみたいな映画になってます」と同作を説明する蒼井は、劇場を見回し「男性はやけ酒を、女性は楽しいお酒を飲んで帰っていただければ」と観客に呼びかけた。

「アズミ・ハルコは行方不明」は、12月3日より東京・新宿武蔵野館ほかにて全国ロードショー。

(c)2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会

映画ナタリーをフォロー