映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

トム・クルーズが池松壮亮と再会、「ラスト サムライ」思い返し「大きくなったね!」

1595

左から池松壮亮、トム・クルーズ。

左から池松壮亮、トム・クルーズ。

本日11月8日、「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」の来日記者会見が東京のザ・ペニンシュラ東京にて行われ、主演のトム・クルーズと監督のエドワード・ズウィックが出席した。

本作は、2013年に公開された「アウトロー」の続編にあたるサスペンスアクション。クルーズ演じる元米軍エリート捜査官ジャック・リーチャーの新たな戦いを描き出す。

クルーズは自身が演じたリーチャーについて「一匹狼で強い道徳性を持っているところが、『用心棒』とか『シェーン』『ダーティハリー』の主人公と共通していると思う」と説明。ズウィックは「前作の邦題の『アウトロー』というのは、日本語に置き換えるなら『浪人』ということになるのかな。僕らが以前一緒に作った『ラスト サムライ』と『ジャック・リーチャー』シリーズにはつながるところがあるのかもしれない」と話す。

質疑応答での「ハリウッドであなたと共演するにはどうしたらいいのか」という質問に対して、クルーズは「僕が求めているのは、自分と同じぐらいの情熱を映画作りに注いでくれる人」と回答。続けて「実を言えば、無理にこの仕事を続ける必要はないんだ。でも僕には映画への情熱がある。映画作りが素晴らしいのは、一致団結しないと作れないものであるということ。全員が力を合わせて、観客のために全力を尽くす。その過程が好きなんだ。僕はこの仕事に人生を捧げている」と熱弁した。

会見には、「ラスト サムライ」に子役で出演した池松壮亮がスペシャルゲストとして登場。クルーズが「大きくなったね!」と声をかけると会場は温かい笑いで包まれた。ズウィックは「あれから君が俳優として活躍していることは僕たち2人とも知っているよ」と話し、クルーズは「素晴らしい俳優だから、なんの驚きもないね」と池松を賞賛する。

ズウィックは「ラスト サムライ」のあるシーンについて「大人の俳優でも難しいシーンを、当時子供だった彼に演じてもらわなければならなかった」と回想。クルーズが「急遽、付け足されたシーンだったんだ。僕は日本語のセリフを直前に覚えないといけなかった。あのときのこと覚えてる?」と聞くと、池松は「覚えてません(笑)」と即答。会場は爆笑に包まれた。

池松は「あのときお二人に出会ったことで、僕の人生は変わりました」と述べ、「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」については「やっぱりお二人のコンビネーションは特別で、エドが撮るトムはとてもカッコいいです」とコメント。クルーズは「また会えて本当にうれしい。今も君が俳優として活躍していることを誇りに思う」と池松を讃えた。

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」は11月11日より全国でロードショー。

(c)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

映画ナタリーをフォロー