映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

トム・クルーズが六本木に登場、524人のファンと1時間半にわたって交流

150

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」レッドカーペットイベントに出席したトム・クルーズ。

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」レッドカーペットイベントに出席したトム・クルーズ。

本日11月9日、「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」のレッドカーペットイベントが東京・六本木ヒルズアリーナにて行われ、主演のトム・クルーズと監督のエドワード・ズウィックが出席した。

本作は、2013年に公開された「アウトロー」の続編にあたるサスペンスアクション。クルーズ演じる元米軍エリート捜査官ジャック・リーチャーの新たな戦いを描き出す。

クルーズとズウィックは、寒風吹きすさぶ会場で約1時間半にわたって524人のファンと交流。ステージに上がったクルーズは「寒い中ありがとう! みんなと会うのが楽しみだったよ。早く映画を観てもらいたいな」と挨拶した。

ズウィックは「ラスト サムライ」以来のクルーズとのタッグについて「またトムと一緒に仕事をするまでに10年以上かかってしまったけど、ここまで映画、そして映画作りを愛している人はほかにいない。またタッグを組むことができて本当にうれしいよ」とほほえむ。

クルーズは「ジャック・リーチャーはサムライのような男で、いつでも一匹狼。そしてとてもタフなんだ。映画を楽しんでね、本当にどうもありがとう!」とコメント。最後にはクルーズとズウィックの「ジャック・リーチャー!」という掛け声に来場者が「NEVER GO BACK!」と答え、イベントは終了した。

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」は11月11日より全国でロードショー。

(c)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

映画ナタリーをフォロー