英国女王エリザベス2世の素顔を描く、Netflixドラマ「ザ・クラウン」予告編公開

31

Netflixオリジナルドラマ「ザ・クラウン」が11月4日より全世界で同時配信される。それに先駆け、本作の予告編がYouTubeにて公開された。

「ザ・クラウン」キーアート

「ザ・クラウン」キーアート

大きなサイズで見る(全3件)

英国女王エリザベス2世の知られざる素顔を、1人の女性の成長を通して浮き彫りにする本作。予告編では、1952年に25歳で即位して以来、さまざまな政治的苦悩に直面し、エディンバラ公爵フィリップの妻として、そして母として葛藤する彼女の姿が映し出される。

エリザベス2世を演じるのは、ドラマ「ウルフ・ホール」のクレア・フォイ。その夫フィリップ役をドラマ「ドクター・フー」シリーズで11代目ドクター役を演じるマット・スミス、イギリスの首相ウィンストン・チャーチル役を「愛と追憶の日々」のジョン・リスゴーが務めている。「裏切りのサーカス」の製作総指揮や「ラッシュ/プライドと友情」の脚本・製作を担当したピーター・モーガン、「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」などのメガホンを取ったスティーヴン・ダルドリーらが制作スタッフに名を連ねた。

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

スティーヴン・ダルドリーのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 スティーヴン・ダルドリー / クレア・フォイ / マット・スミス / ジョン・リスゴー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。