映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

Netflixオリジナル映画「デスノート」撮影開始、主要キャスト明らかに

127

映像配信サービスNetflixは、オリジナル映画「デスノート(Death Note)」の撮影が開始されたことを発表。あわせて本作のスタッフと主要キャストも明らかになった。

大場つぐみと小畑健のマンガを原作とする「デスノート」は、名前が記された人間を死に至らしめる“デスノート“をめぐる戦いを描いた作品。10月29日に封切られる日本版実写映画「デスノート Light up the NEW world」には、東出昌大、池松壮亮、菅田将暉らが出演している。

夜神月にあたるライト・ターナー役を務めるのは、「きっと、星のせいじゃない。」のナット・ウルフ。そして弥海砂にあたるミア・サットン役をドラマ「LEFTOVERS/残された世界」のマーガレット・クアリー、L役を「ストレイト・アウタ・コンプトン」のラキース・スタンフィールドが演じる。そのほかLの協力者ワタリ役にはポール・ナカウチ、月の父親・総一郎にあたるジェイムズ・ターナー役にはシェー・ウィガムが起用された。メガホンを取ったのは「ザ・ゲスト」のアダム・ウィンガード。撮影はカナダとアメリカで行われる。

なお本作のプロデューサーには、「HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン」で知られるマシ・オカを筆頭に「ザ・リング」のロイ・リー、「シャーロック・ホームズ」のダン・リン、ジェイソン・ホッフスが名を連ねる。製作総指揮は「ビッグ・アイズ」のブレンダン・ファーガソンら4名が担当する。

「デスノート」は、2017年にNetflixにて配信スタート。

アダム・ウィンガード コメント

今回、このような素晴らしい俳優陣と組むことができて光栄に思います。原作者である大場つぐみさんと小畑健さんのオリジナリティあふれるストーリーを、全世界に届けられることを楽しみにしています。

ロイ・リー、ダン・リン コメント

私たちは「デスノート」の原作漫画ファンのために、この魅力的なストーリーをぜひ映画にしたい、そしてこのダークでミステリアスな傑作を世界に紹介したい、そう願い続けてきました。今回、多様性に富んだ才能あるキャスト、脚本、製作チームが集結したことで、我々が目指すストーリーコンセプト、すなわち“正義とは何か”という全世界共通のテーマを、忠実に描くことができると考えています。

映画ナタリーをフォロー