映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ちはやふる」続編製作決定にキャスト陣驚喜、広瀬すずはへたり込み号泣

3535

左から真剣佑、広瀬すず、野村周平。

左から真剣佑、広瀬すず、野村周平。

本日4月29日、「ちはやふる -下の句-」の公開初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、キャストの広瀬すず野村周平真剣佑上白石萌音矢本悠馬森永悠希松岡茉優、監督の小泉徳宏が登壇した。

末次由紀のマンガを原作とする「ちはやふる」は、競技かるたに情熱を捧げる高校生たちの成長を描く2部作の青春ドラマ。広瀬が主人公・綾瀬千早、野村と真剣佑が千早の幼なじみの真島太一と綿谷新を演じた。

野村が真面目に挨拶を終え「皆さん、楽しんでいってください……ねっ!」と締めると、真剣佑が「なんか気持ち悪い。普段はっちゃけてるのに」とツッコミ。野村は「いやいや、仕事はしっかりするタイプなんで。意味わかんないですね」と笑わせ、真剣佑との仲の良さをうかがわせる。上白石は「外は風が強かったですね。大丈夫でしたか?」と客席に呼びかけ、「私はちょっと危なかったですね。飛ばされるって思いました」と笑った。

矢本は「すごく寂しいんですよね、このメンバーでのこの仕事が今日で最後だと思うと。すいません、暗くて」と謝り、森永は「『上の句』を2回以上観に行った方いますか?」と観客に声をかけ手が上がると「ありがとうございます。ぜひとも『下の句』にも何度も足を運んでいただければ」と感謝。松岡は「皆さん今日は平日のお昼に足を運んでくださってありがとうございます」と話したところで「平日だよね?……ゴールデンウイークか!」と1人ツッコミを入れる。

映画の撮影を通して得たものをキャスト陣が述べていく中、司会が「広瀬さんの目に何か熱いものが……」と振ると、広瀬は「ちょ、やめてください本当に!」と動揺。野村や松岡から「がんばったもんね」と声をかけられた広瀬は「本当にやめて、怒るよ! もう嫌い、みんな嫌い! もうやだ」と言いながらも涙をこらえきれない。

さらに原作者の末次からのサプライズレターを司会が読み上げると、感極まり何も言えない広瀬の代わりに野村が代弁を買って出る場面も。野村の模範的なコメントに広瀬は「だいたいは私の言いたかったことと合ってます(笑)」と語り、「末次先生からはずるいよね……」と述べた。しかし末次の手紙には続きがあり、「次回作もよろしくお願いします」という締めくくりにキャスト陣と来場者が騒然とすると、スクリーンに「ちはやふる続編製作決定!!」という文字が映し出され、大歓声が上がる。

広瀬は驚きのあまりその場にへたり込んでしまい、司会から感想を聞かれると「ごめんなさい、ちょっとわかんない!」と大混乱。小泉が「続編製作、決まっております!」と断言すると大きな拍手が起こり、キャスト陣は驚きながらも喜びに満ちた表情を浮かべていた。

(c)2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (c)末次由紀 / 講談社

映画ナタリーをフォロー