映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「オオカミ少女と黒王子」二階堂ふみが吉沢亮にうっとり?山崎賢人はドSセリフ披露

2128

左から二階堂ふみ、山崎賢人。

左から二階堂ふみ、山崎賢人。

オオカミ少女と黒王子」のジャパンプレミアが本日4月27日に東京・東京国際フォーラムにて開催され、主演の二階堂ふみ山崎賢人ら10人が登壇した。

八田鮎子の同名マンガをもとにした本作は、友達に彼氏がいると嘘をついてしまった篠原エリカと、彼女の恋人のフリをすることになったドSな“黒王子”佐田恭也の関係を描く学園ラブストーリー。

このジャパンプレミアには、二階堂と山崎に加え、キャストの鈴木伸之門脇麦横浜流星池田エライザ玉城ティナ吉沢亮菜々緒、そして監督の廣木隆一が登場。主人公のエリカを演じた二階堂は「このタイミングで制服を着て、等身大の女子高生を演じることができてよかった」とコメント。ドSな恭也役の山崎は挨拶の途中で噛んでしまい、役とのギャップに笑いが起こる。しかし司会から恭也らしいセリフを求められ「3回まわってお手からワンだな」と決めて場を沸かせた。

エリカに惹かれていくメガネ男子・日下部憂役の吉沢は、「もし身近にエリカのような女子がいたら?」という質問に「いやー……行くでしょ(笑)。あんなに純粋で素直な女の子いないですから、僕も好きになってると思う。2人のシーンでは、僕も高校時代に味わったようなキュンとする場面があった」と答える。そんな吉沢をうっとりと眺めていた二階堂は、「(客席に)“お亮”って書いてあるうちわがいっぱいあって、私もそこに交じって『お亮ー!!』って言いたい」と発言。さらに現場での吉沢について「現場ではメガネをかけてらしたんですけど、輝きがボロボロこぼれてたんです! 平成のアラン・ドロンのよう」と熱弁した。

ここで、嘘から恋が始まる本作のストーリーにちなみ、キャストらに「これまでについた嘘は?」という質問が。二階堂は「人見知りってカッコいいなと思ってた時期があって、『私人見知りです』って言い続けてたら本当にそうなっちゃった」と後悔を語る。続いて山崎は、本作の現場で集合写真を撮る際、欠席していた吉沢にプロデューサーのふりをして電話をかけたと明かす。「伸くん(鈴木)が共犯者なんですけど。『もしもし? 吉沢くん今何してんの? 今から戻ってこれるかな』って言ったら、吉沢さんが本当にだまされて(笑)」と、鈴木と吉沢と3人で盛り上がるも、「……これ、面白いの俺らだけじゃん!」と慌てて話を終わらせた。

同じ質問に鈴木は、「小学生の頃、帰り道に大きいカルガモがいたんです。見慣れなかったので自転車のカゴの中に入れて帰って、お母さんに『大変だ! カモがカゴの中に入ってきた!』って言いました」と話し笑いを起こす。そして横浜は「幼稚園の頃、ある先生にかわいがられていて、そのたびに『やだ!』とか『嫌い!』って言ってたんですけど、実は好きだったんです」とほほえましいエピソードを披露。また菜々緒は、地元で母親とスーパーに行った際に「熟れてる柿が好きなので、それを探して売り場を漁りまくっていたところに『菜々緒さんですか?』って声をかけられて、恥ずかしすぎて『違います』って嘘をつきました(笑)」と告白した。

そんなキャストらのエピソードの中から、廣木が一番印象に残った話を選ぶことに。「カモが面白かったな」という廣木の一言で“ベスト・オブ・オオカミ少年”に選ばれた鈴木に、会場から拍手が送られた。

イベントの最後には、二階堂が「自分にとって、作品もキャラクターもチャレンジでした。とにかくたくさんの方々に観ていただきたいという気持ちでいっぱいです」と挨拶。さらに山崎が「嘘をつくところから始まる恋ですが、絶対にうまくいかないだろうなっていう2人がどう成長していくかの物語です。見栄を張って嘘をついても、自分の気持ちには嘘をついちゃダメだなって思いました」とまとめる。しかし照れてしまったのか、直後に「ちょっといいこと言いたかったので……」とこぼし、会場が笑いに包まれたところで舞台挨拶は終了した。

「オオカミ少女と黒王子」は、5月28日より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

(c)八田鮎子/集英社 (c)2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会

映画ナタリーをフォロー