映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

山崎賢人はドS?質問に「想像に任せます」とニヤリ、二階堂ふみと名古屋で舞台挨拶

465

「オオカミ少女と黒王子」名古屋舞台挨拶の様子。

「オオカミ少女と黒王子」名古屋舞台挨拶の様子。

オオカミ少女と黒王子」の試写会が昨日5月13日に愛知・109シネマズ名古屋にて行われ、二階堂ふみ山崎賢人が出席した。

本作は、八田鮎子の同名マンガを原作とする学園ラブコメディ。見栄っ張りの女子高生・篠原エリカと、彼女の恋人のふりをすることになったドSな“黒王子”佐田恭也の恋を描く。エリカを二階堂、恭也を山崎が演じた。

MCから、劇中で演じたキャラクターは自身と重なるかと問われた山崎は「想像にお任せします(笑)」と二ヤリ。そして「今までにない役なので挑戦だった」と明かし、「廣木(隆一)監督とふみちゃんとできるので現場に入る前から楽しみだった」と撮影前の心境を振り返った。さらに山崎は「恭也といるときはすごく受け身で犬のよう(笑)」とエリカのキャラクターを面白がりながら、「想像していないリアクションが返ってくるので楽しかった」と二階堂の演技を褒め称える。

現場の雰囲気を尋ねられると「楽しかった!」と声をそろえる2人。山崎は「吉沢(亮)さんとも仲が良くて、福岡でほぼ毎日3人で撮影後にごはんを食べに行った」と共演者とのエピソードを披露した。二階堂は「2人のカメラが回っていないときのやりとり、空気感が作品に出ているかと思うので、すごくいい映画になっています」と本作をPRし、「山崎くんが今までにない素敵でカッコいい役になっていると思います」と観客に語りかける。

この日集まったのは、125倍の当選倍率をくぐり抜けて来たファン。観客の中に手書きのボードを持っている人がいることを知った山崎が「名古屋の皆さんは優しい」とコメントすると、会場が大歓声に包まれた。

「オオカミ少女と黒王子」は5月28日より全国でロードショー。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

(c)八田鮎子/集英社 (c)2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会

映画ナタリーをフォロー