映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

天海祐希が女性客にアピール「『コナン』観に行かない?って誘うのどうですか?」

1320

「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」初日舞台挨拶の様子。

「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」初日舞台挨拶の様子。

本日4月16日、「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」の初日舞台挨拶が、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた。

「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」は、「名探偵コナン」の劇場版第20弾。コナン、FBI捜査官の赤井秀一、公安警察官の安室透、そしてコナンの体を小さくした張本人・ジンが所属する黒ずくめの組織による頂上決戦を描く。

舞台挨拶には江戸川コナン役の高山みなみ、毛利蘭役の山崎和佳奈、毛利小五郎役の小山力也、赤井秀一役の池田秀一、安室透役の古谷徹、謎の女性役の天海祐希が登壇した。ゲスト声優として本作に参加している天海は「きっと皆さんが(周りの人に)『観てください』と言わなかったとしても、どんどん人が増えていく素敵な作品だと思っております……が! ぜひ! これからも『コナン』を楽しんでいただくためにも、皆さんの力が必要なんです!」と熱弁する。また天海は「レイトショーとかいいですよ。『いいな』と思う人をお誘いになって、『コナン』観に行かない?って誘うのどうですか? 大人の女性が言うの素敵だと思いますよ!」と女性客に猛アピールした。

さらに20年間活躍し続けてきたコナンに向けて、登壇者たちからメッセージが送られる。それぞれがコナンへの思いを語る中、コナンの着ぐるみに高山がアフレコをするという場面も。そんな高山は「いつもお互いに無理してるよね」「うん、ちょっとね」と自身のメッセージとコナンの受け答えを1人2役で務めたあと、「でもこれからも体に気を付けつつ、二人三脚でがんばっていこう」とコナンに語りかけ、しっかりと握手を交わした。

終盤には20周年を祝したサッカーボール型のくす玉が登場。高山の「真実はいつもひとつ!」の掛け声にあわせて割られると、中から「20年ありがとう!」と書かれた垂れ幕が。この垂れ幕にはファンからのメッセージが書かれており、登壇者たちは「わーすごい!」「ありがとう!」と喜びの声を上げた。

(c)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

映画ナタリーをフォロー