映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「名探偵コナン 純黒の悪夢」の設定資料集「黒の書」がサンデーとじ込み付録に

127

「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」

「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」

現在公開中のアニメ「名探偵コナン」の劇場版第20弾「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」。本日4月27日発売の週刊少年サンデー22・23合併号に、原作者の青山剛昌が監修した設定資料「黒の書」が付くことが発表された。

「黒の書」とは、劇場版最新作のために青山が描いた映画のクライマックスシーンなど重要なシーンの絵コンテ、および原画を1冊にまとめたもの。表紙には、コナンのラフスケッチとともに「コナンのするどい目のアップ」との文字が添えられ、“TOP SECRET”と刻印されている。

さらに、配信ゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」で現在開催中の「サンデーコラボ」企画第2弾に「名探偵コナン」も参戦。これを記念して、週刊少年サンデー22・23合併号では、ゲームで使える新キャラクター「毛利蘭」をAndroidユーザー限定でプレゼント。コラボ期間中、ゲーム内のモンスター購入画面からもキャラクターを手に入れることができる。

現在全国にて公開中の「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」は、コナン、FBI捜査官の赤井秀一、公安警察官の安室透、そしてコナンの体を小さくした張本人・ジンが所属する黒ずくめの組織による頂上決戦が描かれている。

(c)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

映画ナタリーをフォロー